無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

学問・資格

2006年7月 3日 (月)

天国への階段

「天国への階段」は言うまでもなくレッド・ツェッペリンの名曲のタイトル名である。新会社法が施行されて最低資本金制度が廃止されたため、1円起業に関する話題が多くなっているが、心配していたとおりネットで検索してみると1円起業を興した経営者サイドから、やらなきゃよかった1円起業とか、やってみてこんな事で困っています、とかの意見が増えているようだ。要はこういうことである。資本金1円で株式会社を創るために数十万円かかった…、融資を受けようとしたら受けられなかったので結局資金の持ち出しになってしまったとかである。1円起業に関する本を書店で見てみると、純粋に法律論の本と事務所の宣伝本に大別される。法律論の方は見解はともあれ問題はないが、宣伝本の場合前半にどこにでも書いてあるような簡単な説明と後半には、その事務所の業務内容の説明及び依頼すると得られる御利益とコンタクト先が書いてある。結局1円では会社は動かせないし(運転資金等が無い)、だから融資を受けたくても国民生活金融公庫ですら借入金に見合うだけの資産を必要とする。つまり、会社では借りることが出来ないため個人で融資を受けて会社につぎ込むことになり、株式会社の特質である物的有限責任は、この場合機能しない。この状態で会社を動かそうとすれば設立当初から借金経営、債務超過になってしまう。このような1円起業株式会社が増えればある会計士の意見のように泡沫企業として大半が淘汰されてしまうので、以前のように株式会社だからというプランド・イメージ、信用力は落ちてしまう。節税を狙ってみても出資の90%が同族の同族会社であるため、役員の給与所得控除相当分を損金として認められなくなるため、その効果も期待できない。つまり、安易に1円起業に不運にものっかてしまった経営者には幸運も期待できず、そのまま天国への階段を登りつめ昇天してしまうことになる。創業しようとする株式会社が1円起業の場合は設立する前により慎重にビジネス・モデルの検討をすべきである。

2006年6月15日 (木)

ロジカル・シンキングの限界

このあたりから、少しだけ話しが飛んで危なくなります。あなたは占いを信じますか?信じられないという方も多いと思います。経営者の方も同じです。信じる派、信じない派に当然分かれます。一般的に信じないと言っておくほうが無難であり、偏見を持たずに合理的思考をするタイプだと思われやすいからです。男性は占いにやや批判的で自分の知的能力に自身を持っていると、自分で思っているあるいは人から思われたいからかもしれません。

合理的に、ロジカル・シンキングを活用する経営者のほうが、正確な経営判断をすることが出来るというのは神話です。占いを上手に活用する経営者のほうが成功することもあるからです。

経営は将棋や囲碁のようにロジックで攻めてゆけばうまくゆくものではなく、マージャンやポーカーのように、どんな手札がくるかわからないという運や不確実性が支配する領域であることは当たり前の事で、雑誌や本の過去の成功事例を活用してもうまくゆく基礎理論にはなり得ないからです。

この前提を無視し、ロジックだけで解決策を模索することは無謀であり、頭のいい人のすることではありません。経営書の手法には結果逆算の面がかなりあります。未来がわかっているからこうすればいいというやり方は現実には通用しません。

一方、占いを信用するタイプには問題がないかというと、そうとも言えません。つまり、その根底に明日のことはわからないのだからやってみるしかしょうがないという、いわば考えることを放棄してしまっている思考停止タイプの経営者も見受けられるからです。

たしかに現実は、1+1=2のように見えても、実際は1+(1+1-2+1)=2だったりして、( )内はブラックボックスになっていることがほとんどだからです。1 つまり、売り上げが20000万円増加したらとか!

逆に( )内がわからないのだったら、(  )+1=1250として、1250を信じるしかないないというのも危険です。

( )内以外の部分はロジカル・シンキングで出来る限り不確定要素を除外しておかなければならないのは当然です。ここで手抜きをしてはいけません。

そして、最終的に行動、非行動、選択、非選択をつきつめてから、エイヤッと決断するわけで、ブラックボックス内までも論理でわかるわけは当然ありえません。

その結果がうまくいったときには、その根拠を色々な超能力者、霊能者や、占い師、占術師が

 ・アカシックレコードにアクセスして未来情報を知った。

 ・守護霊・大天使の導きである。

 ・量子力学的にうまくいった結果の多次元へワープした。

 ・すべてのものはフラクタル構造であるので、カオス理論、複雑系からみてそのパターンを無意識で感知した。

とかいうかも知れませんが、それがどうかはまったく検証ができないわけなので正しいのかどうかすらわかりません。

大事なポイントは、結果がどうかということです。その結果を導き出す手段として、鑑定依頼者から出来るだけ多くの情報を得る必要があります。仮に事業を起こしてうまくゆくか?という問いに、うまくゆくという答えを得たなら将来的に経営危機に陥るわけはありえないにもかかわらず、うまくゆくという答えをエスパーから得ても、外部環境の変化によって経営危機はいつでも起こりうるからです。答えは期間限定なわけです。

もともと超能力系、占い系は右脳の作用であり、ロジックは左脳である以上、ブラックボックスは絶対にある(不確実性の無いものはない)ということをきちっと理解した上で、ロジックの使えないブラックボックスに対しては積極的に微妙な右脳から来るデータをつかまえて総合判断すべきなのです。

ポイント

・今の状況でブラックボックスになっている部分はどこなのか?

 受注先、商品開発、市場性、固定費の見積もりのザルになっている部分はないか

・このままの動きでチャンスはありそうか、障害になっているボトル・ネックはどこか

・運気は押してゆけるのか、一旦停止して周囲を見まわしたほうがよいか。

・無意識に感じている焦りはないか、根拠のありそうな焦りなのか

・打ち手を検証する手段はないか。 テストマーケティング等

いろいろ、頭と感覚をフル回転させてください。

  

会社の生存率

設立後10年での生存率は、5%だとよく言われています。

95%の企業は淘汰されてしまっていることになります。

会社合計数は総務省によると、153万社です。そのうち株式会社は694000社、有限会社は815000社、合名・合資・その他が21000社になります。

東証上場会社数は2350社、法人税黒字申告割合30%です。

2部等をあわせても2350社しか上場企業は存在していないわけです。

つまり99,85%が非上場(中小企業)なわけです。有限会社は特例有限会社となり、有限会社という名前の株式会社になっているので、トータルは変わりません。これで5%の生存率です。新会社法とともに起業が増えてゆくため、生存率は大きく落ち込みます。(詳しくは整備法を読んでみてください)

専門家の意見では、中小企業の半分以上は淘汰されるだろうということです。これは今まである企業も含めてです。

つまり、過去の企業家も含めてどこかの段階で経営判断を読み違えたということになります。あるいは読めていたが打つ手がなかったか?

占術家に持ち込まれた段階では、すでに手遅れのケースが多いのにはこのようなわけがあります。鑑定するポイントは、運期の流れの中でどのポイントを落としたのか、どうしたほうがよかったのか、という話になりますが、一応この段階でターン・アラウンド・マネージャー(TM)の方か、法律家の分野になります。でも占術師に鑑定依頼することに意味がないかというと、その方が再起を希望している場合でしたら、非常にプラスになるわけです。その段階で失敗の原因、その方の本質から来るものか、外部環境を分析できず対応できなかったのかとかのポイントがわかるため、将来の再失敗のリスクを減らす可能性があるからです。

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31