無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月24日 (月)

ユング派心理学

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

タロットや西洋占星術は、ユング派心理学とのかかわりで、

どうしても心理学的にみようという方が多いわけです。

西洋占星術研究家の鏡リュジさんが、こっちの方面の翻訳を数多く出版して、活躍されていますので。

鏡リュウジさんの本は、なかなか楽しいものがあります。

性格や対人関係とか、心の問題にはいいんじゃないかな! 

と思います。

ところで、方向性としては心理学的な側面を強調されているので、

運命学とは、ちょっぴりずれてしまう部分もあるわけです。

たとえば、手相・・・。

生命線、頭脳線、感情線とか、運命線など、あるわけです。

もっと細かく言えばきりがないのですけれども。

心理学的なイメージからすれば、感情線=EQ とか、頭脳線=IQ 的な見方になっちゃうんですけれども、

一般の方々の運命観とは、少し離れてしまいます。

物事の起きる時期などは、流年法でみてゆくことになります。

たとえば、40代に運命が転換してしまって、その後運気が低迷してしまうようなものが、手相に出ていたとして、

これが、事故なのか、大病なのか・・・ とか、手相上から判断してゆくわけです。

この結果を、鑑定依頼者に伝える方がよいのか、黙っていた方がよいのか、

という微妙な問題もありますし、

変な心理学を応用した話術でもないわけで、脅かす、恐怖心を刺激する、

その結果、高価な壺を売りつけるとかのことは、非常にまずいわけです。

で、なんとなく曖昧に言ったり、ぼかしたりしちゃうんですよね!

「えっ どこに出ているの?」

とか聞かれた場合に、具体的に運命線上の、あるところを説明すると・・・。

「じゃぁ この線にも出ている」

「ここも気になる」

「私って、この先一体どうなるの?」

とかの、過度の不安感を与えてしまいますので!

だから、できるだけ手相の上からは、いいところを発見してあげるほうがよいわけです。

ただ、40代に健康上の問題が出てくるかもしれないから、食事などの健康管理には気をつけたほうがよい。

とかのアドバイス程度は、必要なのかな?

と思うわけです。

仮に、ある線に悪い兆候が出現していたとしても、

全体のバランスで読むわけですから、そこだけ極端に強調して読んではまずいものなのです。

こんな部分、つまり運命を考えるとか、開運を考えるという部分で、

心理学とは、別のものなのです。

タロットなどの原理としての、シンクロニシティーなんかはまた別の話なのですが・・・。

ここでちょっとコーヒーブレイクです♪

いつものように、サイトにアクセスが面白いように集まる不思議なツール 「拡散」 のご案内です♪

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月21日 (金)

さまよえる奇門遁甲

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

さまよえる奇門遁甲。 っていうと大げさですが、

最近、グーグルやヤフーなどの検索エンジンからの訪問者で、

奇門遁甲というキーワードがとても多いんです。

占い師にみてもらうよりも、開運法が知りたいのかなぁ・・・。

と思っているわけですが。

それともマニアックな方々が多いだけなのかも知れませんね。

ご存知のとおり奇門遁甲は、ある時間・空間の中に存在する気と自分の持っている気の波長を合わせることによって、運を変えようというわけです。

遁甲盤自体は、簡単に割り出せます。

問題は、どんな目的でその気を使うのか? 

というとこなんでしょうね。

やってみたけれど、大して効果が得られなかったとか、

使い方が違うのか疑問を感じたりとか・・・。

あと、ご自分の研究されている奇門遁甲の正統性への確信を持ちたくってとか。

いろいろあるんでしょうが、

使ってみて効果が得られなかったのならば、多分使い方が間違っていた可能性は高いわけです。

どんな効果を狙ってということは、

今の何かを変えたくて・・ という事ですね。

そんな場合は、現在の気を分析しなければ的外れになります。

それと、奇門遁甲にはまっている方は理論馬鹿が多いといったところがあります。

だから、すぐ論戦をふっかけれくるわけですね。

あと、共通して気学否定派が多いようです。

ここでのポイントは、机上の空論はやめたほうがよい!

という点です。

理論的に勝ったように思っても、現実が変わらないのならば・・・・、

それは観念の世界です。

占術は、あくまでも効果が出ないことには意味ありません。

というわけで、とにかく使ってみることです。

その結果から、

「奇門遁甲、どうなの?」

とかの話になりますので、贔屓のひきたおしはよくないですよ!

実践が先です!

まぁ・・ 頑張ってやってみてください!

ここでちょっとコーヒーブレイクです♪

いつものように、サイトにアクセスが面白いように集まる不思議なツール 「拡散」 のご案内です♪

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月18日 (火)

今日のお客さまは?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今日のお客さまは?

経営者の方です。

いかにもやり手のようですが、どうなんでしょうか?

はっきりものを言うタイプです。

「他人の指図は受けないぞ!」

とか・・・。

だれも指図などしようとは、思ってはおりません。

一見剛腕そうに見えますが、内心不安で不安でしょうがないわけです。

非常に困った経営問題を抱え込んでいます。

無関心をよそおっていますが、どうしてどうして・・・。

一言一言に批判的な意見をおっしゃる。

つまり、本音では関心ありありなわけです。

疑い深いタイプ・・・ というよりか、過去経営問題で裏切られたとか、騙されたとか、

不信感を持っているわけですね。

長く話していると、挙動が怪しくなってきます。

落ち着かなくなるという意味ですが。

そんなに困っているのならば、素直に相談すればいいのに!

と思いますが、彼のプライドが許しません。

なんせ、やり手をよそおっているからです。

隠すわけですね。 こまった状況を!

いかにも気の無い素振りで、内心ダンボの耳状態です。

こういう経営者、騙されやすいです。

多分、時間の問題でしょう!

経営危機の崖っぷちに立たされていますから。

これは鑑定依頼の話ではありません。

経営危機に直面した経営者の、よくみせる態度です。

アドバイスをするとしたら・・・。

「もっと肩の力を抜いた方が、楽だよ!」

というわけですが、

剛腕経営者のポーズは崩しません。

そして、内心焦りまくっています。

タバコの吸い方からも、はっきりわかります。

相談したところで、リスクってなんにもないわけです。

ここは虚勢を張っている場面ではありません。

こんなところに経営者に向くかどうかが顕れてくるのです!

ここでコーヒーブレイクです♪

いつものように、サイトにアクセスが面白いように集まる不思議なツール 「拡散」 のご案内です♪

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月15日 (土)

象徴の重層構造、霊感は何時働くのか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

タロットを使って何かを観たい場合、タロット・カードの象徴を頭の中に焼き付けておいてください。

インスピレーションは一瞬です!

だから、象徴の意味をいちいち考えなければならないのでは、間に合いません。

ある程度、象徴の理解が進んだら、細部に注目してみてください。

色彩、これは非常に重要です。

インスピレーションに強く影響を及ぼすからです。

東洋占術的に言えば、吉凶的な感覚ですね。

その他、図形、人物、時間帯、空の色・・・・。

たくさん注目すべき箇所があるわけです。

占術は、ある意味印象を紡ぐわけです!

自動車の運転と同じですね。

いちいち動作を確認していては、駄目なわけです。

そのためには、象徴を絶えずインプットしておく必要があるのです。

最初にタロット・カードを見た時、心の中でスパークが走ります。

いくつかの象徴の中に流れる、運命の流れを、象徴がオーバー・ラップするかのように、ある流れが見えてくるわけです。

これが重要なんですね!

自然に出来るようになるまで、訓練してください。

その次のステップについては、またの機会に・・・・!

ここでぐっとサイトにパワーをつけたいという方は・・・ これです♪

Banner2 Lanqq11_4

心理療法、タロット、西洋占星術

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

占い師と占術、 これが不思議なもので、占い下手な占い師さんって、占術の選択も下手なことが多いです。

本当はタロットよりも、西洋占星術のほうが向いているのになぁ・・。

と感じていても、その占い師さんはタロット好きで、タロットがなくてははじまらないとか!

要は、占術と占い師との相性の問題があるわけです。

で、好きなほうを選択して努力を重ねれば、なんとかなるか?

と思われるんですが、限度があります。

やっぱ合わない占術は、あまり上手くはなりません。

どっか読むポイントが外れていたりとか・・・。

でも、好きではないことって決して続きはしませんから!

多分、好きな事とやっている事が合っていなくても、別にいいんでしょうね。

一般的には、タロットは感覚で読むわけですし、西洋占星術の場合はロジックがつきまといます。

そんで、感覚派はホロスコープ、苦手なことが多いのです。

タロット専門占い師といっても、西洋占星術について、さわり程度の知識は一般の方よりも当然多く持っています。

でも、それを深くたたいて考えるという作業が苦手なので、運命に重ね合わせるとかの芸当は出来ませんね。

つまり、いつでも分析したデータが不足するわけです。

これはプロの場合ですので、占い好きの方はお好きな占術をマスターされるといいですよ!

占い師と占術の相性については、あまり考えた方が見あたらなかったもので、ちょっと書いてみました。

西洋占星術でも、ユング派心理学をベースに読まれるタイプと、昔からある解釈で読まれる占い師さんとがいます。

人間関係に悩みをもっていらっしゃるのならば、ユング派心理学ベースの方がいいでしょうね。

ただ、西洋占星術以外のユング派心理学特有の専門用語を憶えなければなりません。

心理学って、若い女性の間には、相変わらず人気があります。

夢があるでしょう?

アレフはオーム真理教と同じなんだ!

という方もいらっしゃいますね。

宗教の話は、占い師は大体苦手なんで、よく知らないんですけれども。

ただ、洗脳宗教とかのイメージがあるわけです。

この洗脳宗教のテクニックが、今人気ですね。

NLPとか・・・、 今回深くは書きませんが、

洗脳テクニックって、営業関係の方に人気があるようです。

ほんまにこんな手法おぼえて、商品売れるんかなぁ・・・。

なんせ、心理療法のための手法ですし、お客さんは心に問題を抱えた患者さんではないわけですから。

ここでぐっとサイトにパワーをつけたいという方は・・・ これです♪

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月13日 (木)

ちょっとコーヒーブレイク♪

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

暑さがまだ少し残っていますね。

お風邪を召しませんように!

ここんところ、政治の混乱が続いていますね。

といっても、それがすぐに生活に響くわけではありません。

政策次第で、今後の景気が冷え込むわけですが。

中小企業経営者の立場からすれば、いい方向に向かって欲しいものだとは思います。

ただ、段々に年月をかけて悪化してきたので、その回復も徐々にですね。

原油価格も上がってきていますので、企業経営者にとっては要注意です。

企業としては、身近な問題から解決しなければならないわけで、

業績の安定のために、HP、企業ホームページなどを作って集客を狙うわけなのですが、

このサイトが問題です。

なかなかHPの効果が出ない。

というわけで、今回はSNSの友人の制作した商材を、ご紹介いたします。

ホームページ・ビルダーというソフトの使い方を教えている方ですが、

技術系の方の作ったものにしては、とてもわかりやすい解説がついています。

ちょっと見たいという方は、どうぞ!

必要ないという方はスルーしてください。

というわけで、占術についての話は、次回です

ここでぐっとサイトにパワーをつけたいという方は・・・ これです♪

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月12日 (水)

秋ですね!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今年の夏は異常気象で、とても暑い日が続きましたね。

10月まで暑い日がかなりあるらしいのですが、でもいずれ秋になります。

夏までの間に運期の流れに乗れなかった方は、後半挽回しましょう。

ところで、情報の価値についてですが、

価値ある情報を手に入れられなかったケースには、

意外と情報を収集するアンテナが作動していなかった。 

とかの事って多いわけです。

たとえば、占いでもそうですが、あるタロット・カードで何かの数を読んだとしますね。

1とか、5とか、8とか・・ いろいろあったとして、感覚的には 5らしいという場合、

その5がはたして5なのか、50なのか、500なのか、

絡んだ数の大きさがわからない事ってよくあるのです。

というと、すぐギャンブルを連想しそうですが、その話ではありません。

友人の会社が損害を受けそうだ! 

でも、それが500万円なのか、5,000万円なのか、とか・・。

これって、基本情報として、友人の会社の規模など知っていなければわかりませんね。

そして、基本情報をまったく無視して占う、霊能者、霊感占い師、霊感タロット占い師、サイキックとか・・ いるわけです。

とても危険な事です。

ある鑑定依頼人から、ある事を是非観て欲しいというので、お話をお聞きしたのですが、

友人が株で損失をしたらしいので、どうなっているのか教えて欲しいとか、

他の霊能者に観てもらったところ、こんな光景がはっきり目に浮んできたらしいんです。

「その場の光景がはっきりと見える!」 

「友人を取り囲んで数人の男たちがなにやら話しこんでいる」 

「テーブルの上には株券が山のように積み上げられている」 

「友人は命が危険な状態にある」 

「早急に警察に連絡しなさい!」

とか・・・。

別にこの霊能者をけなすつもりではありませんし、事例も多少変えてあります。

ですが・・・。

トゥワイライトが観ても、別になんの異常も見られなかったもので・・・。

それに株券って、今どっさりと持っているわけないですよね!

その当時でも、証券会社で保護預かりになっていましたから。

「単なる過労で、オツカレになっているだけですよ!」

「2~3日中には連絡、入りますからご心配なく・・・」

鑑定依頼人は、トゥワイライトの言葉をその時は、全く信用している気配はありませんでしたね。

でも、数日後、その友人から鑑定依頼人に連絡が入ったそうです。

単なる過労との事。

この霊能者か、霊感占い師か、霊感タロット占い師、サイキックかは知りませんが、

多分、感情を移入しやすいタイプの方のようでした。

鑑定依頼人の不安な感情を拾いすぎたために、見えた映像が現実と全然違ったようです。

それにその時、かなりお疲れのようでもありました。

感情を移入しやすいタイプの占い師さんって、10人鑑定するとずばりは2~3人でしょうか!

だから、2~3人というご自分の限界をよく知っていて、それだけの人数しか観ないというポリシーの霊能者など、多いんですよ。

鑑定依頼人の不安を潜在意識で拾った段階で、株式投資の知識をよく知らないとかだったりして・・・、

その結果、現実との整合性、チェック機能が働かなかったのでしょうね!

何をごらんになるにしても、基本情報は丁寧にインプットしておきましょうね!

あっ・・・ こういうタイプの霊能者、霊感占い師さんとかは、当たる時はもの凄く当たりますんで!

誤解されないようにしてください。

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月11日 (火)

奇門遁甲

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

ところで、奇門遁甲という占術、ご存知ですか?

はまる方は、結構はまっています。

前々回ご紹介した本でも、その著者は奇門遁甲を活用して経営コンサルティングをされているそうなのです。 「これって占い?」のところでご紹介しました。

九星気学は、日本製の占術で、奇門遁甲が正しいというご意見でしたが、

占い師は誰でも、自分の占術が一番だと言い張りますので・・・。

九星気学が使えないというのは、奇門遁甲家のいつもの言い分ですね。

で、どちらが正しいのか?

こんな問い自体、馬鹿げています。

運命学、宿命、運命を知るというのであれば、推命系が一番ですし、

開運法となると、人によって違うわけですから。

たとえば、パワー・ストーンが非常に効果のでるケースもありますし、

護符などの方が効く場合もあるわけです。

ポイントなんですが・・・!

開運を考えた場合、現在の運気、運期を知らないとむりですね。

そして、悪い現象が出ているのならば、その現象を捉えなければなりません。

その後、どんな開運法を選択するのか! という順序になります。

奇門遁甲にはまっている方のほとんどが、ここのところをすっとばして、

いきなり解決策としての、奇門遁甲を語りだすわけです。

要注意ですよ!

運命をいじるってことは、かなり危険なことです。

副作用、サイド・エフェクトってものがあるんです!

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月10日 (月)

占術で観るためには!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

占術で何かを観ようと思った場合、出来るだけご自分に関連性のある事柄に絞ってください。

でないと、霊能力、サイキック能力は敏感に反応しないからです!

たとえば、金運は?

こんなに漠然とした問いかけはありません。

基準がまったくないからです。

どの程度の金運なのか?

全然わかりませんね。

で、現在の収入を基準にみてゆくわけです。

今年はこれくらいの収入があった。

来年はどうだろうか?

とかですね。

これが推命系であれば、宿命ですからはっきりしています。

でも、その宿命は行動、つまり運命によってかなり違ってくるものなのです。

運勢をみてみましょう。

逆運の時期に無理な行動。 

これはその先の順運の運気を使いきってしまう可能性があるわけです。

また、順調に伸びる時期にゆき過ぎた行動。

易経の乾の卦をみても、ゆきすぎれば・・・・ 必ず落下します。

という事がひとつですが、

もうひとつは、身近な感覚、日常の延長の感覚では、

金運を読めないわけです。

人間、どうしても固定観念に縛られてしまうからですね。

株と同じです。

今まであがっていたのならば、まだ上がるとか。

現状の延長線上で、物事を見やすくなってしまうんですね。

トレンドを追ってしまうわけです。

これは占いではありません。

今のまま、延長線上に予測を立てただけです。

だから、先入観を取り払わなければ駄目なんですね。

とすると、金運が悪化する要因、つまり、可処分所得の減少要因を見ておかなければ、当然外れます。

役に立たないというわけですね。

なので、可処分所得に影響を及ぼすような要因、ファクターをしっかりおさえておく必要があります。

地価、金利、企業業績、株価、米国サブプライムローン問題の動向・・・・。

それをどう占いに問いかけるかという、占いに変換する方法がわからないから、占いが読めないわけです。

漠然と読めば、思い当たることがいろいろありますね。

去年のボーナスは・・・ とか、昇進しそうだ・・・ とか、

そして出て来た占いの結果を、それらに連想的になんとなくオーバー・ラップさせてしまうことになります。

だから、先入観を除去しなければならないのです。

今回は、地価の動向でご説明いたしますが、

地価は都心と地方と、2極化していますね。

これを 「今後、地価は上がるか?」 と問いかければ、間違いなく外れるでしょう。

「2極化している、そのどちらにポイントを合わせるべきなのか」、

を考えなければいけません。

どちらでも、お好きな方でよいのですが・・・・ それを決めた理由がはっきりしていなれば、当然、占いとしては駄目ですね。

そして、なんでその地価がご自分の可処分所得の変動に影響するのか? 

納得のゆく理由も必要です。

でなければ、実践的ではないタイプの占いになってしまいますよ!

つまりは、娯楽ですが・・・。

Banner2 Lanqq11_4

2007年9月 8日 (土)

これって占い?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

台風9号、凄かった!

最近ある本を読んでみました。

第二海援隊から出版されている、松永修岳という方の 

「人生の95%は運しだい――ラックマネージメントの時代がやってきた」

という本です。

第二海援隊といえば、国家破産系の本で有名な、浅井 隆氏のところですね。

松永修岳という方は、経営戦略コンサルタントだそうです。

それも、奇門遁甲を使ったコンサルタントだそうです。

その中で、奇門遁甲などを使った松永氏の予測として、

2007年~2009年はどのようになるのかを考えるという箇所がありました。

「政治と経済が混乱」し「株価は乱高下」・・・・・・ 

キーワードとして、格差拡大、経営統合加速、自然災害死の増加 とか。

これって、奇門遁甲で観たんだろうか? 

と普通の人に聞けば、

「見たまんま!」 

という冷たい反応がおきるでしょうね。

でも、外れたのか? といえば、

現実そのとおりで、

ただ、

「常識的な読みだね!」

「別に奇門遁甲なんて、持ち出さなくったっていいんじゃないの?」

とか、言われそうです!

まぁ、この方はラックをマネジメントしよう!

その方法のひとつとして、奇門遁甲があるよ。

というスタンスなのでしょうね。

これに情報としての価値があるか?

というと、あるわけです。

奇門遁甲で観ようが、常識で判断しようが、そのとおりなわけなので・・・。

第二海援隊の浅井 隆氏の本は、外れているとケチをつけられてもしかたのない部分って、たしかにあります。

ヒットした、「2003年、日本国破産」・・・。

時期が合っていません。

でも、時期をどうたらこうたら言ってみても無意味なわけです。

この方の趣旨は、日本国の財政赤字の凄まじさと、それがハイパー・インフレを起こす起因になる。

この路線からゆけば、国家破産に辿りついてしまう。

そこで、対策を個々人が考えなければならない。

と、示唆しているわけですから。

時期が正確でないとケチをつける方が間違いですね。

こんな大きな問題の時期は、例のノストラダムスの大予言、1999年7の月の「恐怖の大王」 とは違うわけです。

東海地震がいつ起きるか?

という話ではなく、確率的に東海地震は起こって当たり前だが、時期はわからない。

でも、防災の準備などはしっかりやっておかなければ、大災害の被害がとてつもなく大きくなってしまう!

というのと同じです。

現に、今日の新聞にも、ダブル・ワーク、トリプル・ワークの話が載っていました。

これからの時代、いくつものお仕事を抱えなければ生活の出来ない可能性があるのです。

ということで、当たったの外れたのとかの次元の低いケチのつけ方は、

あまり関心したもんではありません。

松永修岳氏の本にしても、浅井 隆氏の本にしても、

いかにして危機回避を考えておくか。

というところがポイントなので、

奇門遁甲の的中率がどうのこうのということではないわけですから。

こういった情報は、日常の生活に出来るだけ活用してゆく方が、

結果的に不幸、不運にならなくてすみます。

応用としては、都心の地価はバブルを起こしているといわれている、

この時期に無理して都心に住宅を買ったほうが良いかとか・・・。

いろいろ応用が利くわけです。

占いに反発するタイプの人って、本筋ではなく揚げ足取り屋さんがとても多いんですよ!

Banner2 Lanqq11_4

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31