無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月29日 (水)

占術のポイント!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステりーです。

なにか九州、中国地方で大雨とか。

この季節、厳しいものがありますね。

ところで、吉凶を最初に読め!

と話ましたが。

読めましたか? 

本当に!

今日はとても短いです。

タロットでご説明しましょう。

過去が凶、現在も凶。  そんで未来は?

あるいは、

過去が吉、現在も吉、  そんで未来は?

あるいは、

過去が吉、現在は凶、 そんで未来は?

こんな読み方やってたら、何にも読めません。

「私は読めます!」

というのなら、あなたは天才です!

自信をもって、占い師をお続けください。

でもね。

本当は、読めないんじゃぁ・・・。

読むべき角度、視点が全然違うんですよ。 これでは!

というわけで、次回にまたお会いしましょう。

Banner2 Lanqq11_4

2007年8月28日 (火)

凶運、幸運?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステりーです。

運を読む場合、どこから手をつければよいのでしょうか?

最初から、細部にしか関心を持たない人もいますし、全体的にみようとする人もいます。

いずれにしても、

「よくわからん!」

というところが、本当のところでしょうね。

これには原因があります。

ひとつは成功哲学やスピリチュアルの影響が大きいことです。

悪いからどうなんだ!

それをなんとかするのが、人間の努力というものだ!

てなところでしょうか。

もうひとつは凶運、幸運の限界がわからない。

というのもあります。

経営にたとえてみると、悪い、悪い、ではどうしようもない。

案は出せないのか! 案は・・!

という経営者の感覚があるからですね。

いい事も悪い事も、舵取り次第、人間には知恵というものがある。

考えるんだよ!

一見よさそうですね。

運というものを計算に入れなければ・・・。

経営が悪化した・・・。 これって、よくある話です。

原因もわかる。

だから、打ち手はある!

本当にそうなんでしょうか?

車の運転と同じ感覚ならば・・・ 軌道修正も出来ますね。

でも、車があって、走っている道路があって、運転する自分がいる。

というケースは、現実にはあまり無いんですよね!

原因は複合的で、これってわかることはほとんど無いんですよ!

悪い原因といっても、無数の原因の中の気づきが得られた部分についてだけです。

社会や経営環境の変化、社内の人間の変化・・・。

様々な要因、ファクターが重なって悪くなってきたのですね。

勿論、その中での経営の舵取りの失敗もあるでしょう。

でも、囲碁、将棋などよりもマージャンに近い、運を相手にした場合。

打ち手自体、読めないことのほうが多いんです。

優秀な人ほど、錯覚します。

運が下降してきた場合、打ち手が機能するポイントは2つしかありません。

下降してきた、その始まりの時点と、底をついて上昇に転じ始めた部分です。

運の上昇、下降は、人間の力ではコントロール出来ないものなのです。

わかりやすく図式的に考えれば、運自体の流れと努力でつくってゆける部分は別なんです。

努力だけで方向転換しても、下降運ならば障害は手を打っておいた部分ではないところから起きてきます。

だから、運期なんです!

そういうことなので、最初に見なければならない事・・・。

つまり、物事の帰趨が悪くでるか、よく出るか。

これをみなければ始まりませんね。

吉凶です。

まず、吉凶をみなければ話になりません。

それから細部に入ってゆくわけです。

なんとかすれば、なんとかなるって思わないほうが、運命学的には素直な観方なんですよ!

Banner2 Lanqq11_4

2007年8月27日 (月)

西洋占星術的な!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステりーです。 

暑い日が続きますが、確実に秋の足音が聞こえてきています。

西洋占星術って、心理的なものをみるのに一番いいんだよ!

とか、いわれているわけです。

この西洋占星術の中には、様々な象徴が含まれています。

だから、読み手の心理が実によく反映されてくるわけです。

心の中に抱え込んでいる問題だとか、家庭環境とか、対人関係だとか・・・。

でも、これらは心の影の部分ですね!

だからこれ等の象徴が、どんな心の彩を表しているのかという事なので、

たとえば大学受験というテーマでも、十分実力もあり客観的にみても合格するだろう!

と思われていても、そこにはご本人の心の不安が顕れています。

だから、これをそのまま受け止めて・・・。

「不合格ですね!」

と占っても、何の意味もないわけです。

易やタロットとは違います。

それに、本当に西洋占星術を読む力があるんでしたら、

これは、先天運的なんだろうと理解できますね!

生まれた時の星の配置から、人生の運命を読むことが出来るわけです。

勿論、危険な時期や、物事が進展する時期・・・・。

ある程度、短いサイクルまで読むことはできます。

でも、プードルを飼えばラッキーに出会える。

これは、違いますね。

なので、経営に活用したいのならば、易やタロット、九星気学などのほうが向いています。

というところで、占いには初心者の方にも占いのジャンル分けが理解できたと思いますので、実際にみてゆくことにしましょうか!

Banner2 Lanqq11_4

2007年8月19日 (日)

西洋占星術って!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

暑い中にも、朝に夕に秋が漂ってくるようになりました。

ところで、西洋占星術についてですが、世の中西洋占星術だらけ・・・ のように感じる方も多いのですが、これは雑誌などのマスメディアの中だけです。

占い師さんに鑑定してもらおうと思うと、意外に西洋占星術師って少ないんです!

ところが、普通の方の占いに対するイメージは、西洋占星術的なわけです。

雑誌の西洋占星術には、2大ジャンルがあります。

 (1) 彼との相性、結婚できるかどうか。

 (2) 今年、今月、今日の運勢。

                 なのです。

なんせ、若い女性が読者ですから・・・。

そこで、占い師さんに相性がいいから結婚できる! っていわれたのに、

悲しい別れ・・・

どうして? 

とか、

今日の運勢は、

双子座のあなたは、元気度抜群、パワーが空回りして人間関係での小さなトラブルに注意! 

今日のラッキーカラーはグリーン、ラッキーナンバーは6、

プードルを飼えば幸運にめぐり合えるかも。 

恋愛運はちょっと弱めなので、彼にわがままを言い過ぎて困らせないようにしましょう。

書類上の小さなミスで、上司に注意されることもありそうなので、慎重に!

とか、書いてあったりします。

これはこれでいいんですが、

雑誌を離れて、普通の鑑定依頼は、

転職したいんだけど、どうでしょうか? とか

友人と事業を起こしたいのだが、時期的に合っているか観て欲しいとか・・・。

内容が少し変わってきます。

それで東洋占術が中心になるわけです。

西洋占星術で、観れないわけではないのですが、こんな角度から観れる占い師は、割と少ないものなのです。

そこへもってきて、西洋占星術というと、おとめ座だのさそり座がどうたらこうたらといった、若い女性好みの話題になり勝ちですので、経営者などからはやや敬遠されるわけです。

12星座は、あくまで西洋占星術のパーツのひとつです。

全体像を理解していないと、話しがどんどん男性からすれば、ちょとね! 

という方向へ向かってしまいます。

名画のモナリザも、鼻だけ見せられてどうか? と聞かれても困りますよね。

アスペクトとかハウスとか、様々なパーツを使い込んで観てみなければ、役に立つのかどうかはわかるはずもないのです。

ところが、西洋占星術には女性誌などで、独特の色が着けられてしまっているわけです。

もしも、西洋占星術で未来予知を・・・ と考えているのでしたら。

面倒なようでも、基本的な知識は仕入れなければ、占い自体変な方法へいってしまいます。

Banner2 Lanqq11_4

2007年8月 5日 (日)

物事が上手くゆかないわけ・・・

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

いや、暑い暑い! 寝苦しいですね。

ところで、順調な方を省きますが、何をやっても思うようにゆかない・・ とかの事って、

実人生には、かなりあります。

恋愛や友人関係は、諦めがつくのでしょうが、問題は金銭運、財運です。

財運が無い!!

などと軽々しくはいえませんね。 占い師ですから・・。

でも、雑誌やビジネス書では、企業が成功するためのファクターなどの特集を組んでいます。

ユニクロの柳井 正さんなんか、常連ですね。

いろいろな成功者の方を特集しています。

中には、神様のように持ち上げるだけ持ち上げて、こけたら叩く。 

というマスメディアの常套手段の餌食になった方もいます。

実際、これだけの方々が勝ち組とかになっている。 というのを読むと、

上手くゆかないんじゃない! やらないだけなんだ!!

という、よく聞く話しが真実のような気もします。

その反面、地方の衰退、格差拡大、老後に不安を抱えている人々などの話題もあって、

なにが本当なのか、わからなくなってしまいます。

下流社会、下層階級、階級の固定化とか・・・。

不気味な話題も多いわけです。

そこで、このブログを読まれている、

貴方は成功していますか?

重要なポイントなのですが

成功できなかった方の努力が不足していたわけではありません。

物事を完成させて、成果にする。 この点に関して「運」がなかっただけなのです。

ちょっと考えればわかることです。

うまくいっていない・・・!

豊富な資金力を持っている親族がいなかった。

相談にのれるだけの力量を持った人材がまわりにいなかった。

だから、やっていることも時流に乗れなかった。

そして、上へ進もうと思っても上へは進めない。

運命上の障害があるのです。

本当言えば、親の代、いや、その親の代まで遡ってみれば、家運が衰退運に乗っていた。

前世から、失敗が組み込まれていた。

そのため、資金が必要なときに限って、資金提供者の懐具合が悪いとか・・・。

人材を入れたのはよいが、独断専行をされてしまい、動きがとれなくなった。

こんな現象が出ているならば・・・・。

言いたくは無いのですが、宿命をみなければならないわけです。

打開策があればよいのですが、どの程度宿命に操られているのかによって、

どうにもならない事も出てきます。

お助けする方法というのも、実は色々な制約があって・・・・!

とにかく、儲かっていないのならば、あるいは会社に勤めていても、その会社に対する縁が切れやすい・・・。

こんな風に、呪われているような、不気味な足跡と、迫ってくる不吉な影、何かとてつもなく悪い事の起きそうな予感・・・・。

怪しい・・・・!! 実に怪しい・・・。 

怪しすぎるwww!

これは非常に切迫した、危険な兆候ですwwww。

Banner2 Lanqq11_4

2007年8月 2日 (木)

成功運ありますか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

いよいよ8月、 夏・・・!! ですね。

人間は表面的には、他人受けのするロジカルな考え方をしがちです。

現実には、本音ではそう思っていなくてもです。

この時期書店に行くと、ビジネス書の新刊本が山積みされています。

平積っていうんですよね!

ちらっと立ち読みしてみると、運を否定する論調のものが多いようです。

そして、これは通常人の感覚にも、一見合っているように見えるのですが…!

やっぱロジック優先の方が、カッコいいのでしょうね。

ところで、今日の毎日新聞の朝刊の「余禄」に、

赤と黒の丸いコマを取り合うチェッカーのゲームに絡めて、政局について書いてありましたが、政局はともかく、

米科学誌「サイエンス」に載った研究として、

神様みたいなプレーヤーが2人でやると、

必ず「引き分ける」という結論を、カナダの大学チームが50台のコンピューターを18年動かして出したそうです。

5の後に0が20つく数のパターンを研究し尽くした結果らしいのです。

考えられるのは、先手必勝、後手必勝、引き分け…!

チェッカーファンには、やや興ざめであると書いてありました。

といっても、実際はそんな「先」を読み切った最善手を打てないのが生身の人間であり、

ボード上と違い、偶然が支配する現実世界の「先」を読むのは難しい。

とも書いてありました。

つまるところ、「運」の作用を否定できないという事です。

外向けにはロジカルな内容の話しをし、自分の本音では、

「結局、運じゃないの!」

とか思いながら生活しているのが、普通の人間なのでしょうね。

何故かというと、上手くゆかないことのほうが多いわけです。

なにをやっても大成功!  って、どこか嘘っぽいでしょう?

経営者もそうです。

よく、経営上のアドバイスを占い師から貰っているとかの話しが、雑誌などにチラッと載っていますが、経営者でない方にとっては半信半疑でしょう。

百歩譲って、「運」はたしかにあると認めても、占い師にわかるはずもない。

だから、相談にも行かないって、結構多いと思います。

ところが、成功している人間のうち、ほんの一部? の人は、困ったときには占い師に相談を持ちかけているらしい噂ですね。

といっても、トゥワイライトミステリーも相談を持ちかけられているひとりですが・・・。

「運」が成功要因の重要なファクターなら、「運」の専門家に相談するしかありません。

「運」は成功要因ではない。 と思われるなら、自力で成功を勝ち取るしかないのです。

どちらを選択しても、全くの自由ですけれども!

難しいところですね!

相談されても、行動するのはご本人ですし、

その行動は、宿命によって拘束されていますから・・・。

最少の自由な意思決定の領域を拡大する努力しか、成功への道は開けないのかもしれません。

宿命を扱うと、どうしても話しが重くなるので・・・。

宿命について、書いてよいのかどうか・・・、

いろいろと迷うわけです!

Banner2 Lanqq11_4

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31