無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月26日 (木)

運気転換の秘法

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

ちょっと前から、夏休みをとっていました。

なので、ブログの更新は無しでした。

そろそろ、次の話しをしなければならないのですが、

今回はちょっとだけ、確認の意味で繰り返しの話題となります。

普通、運命を観てもらいたいとかの希望の「観たい事」 というのは、

現在の事が多いですね。 

現在、順調ならばいいのですが、そうでもない場合は、進路変更を余儀なくされます。

だから、進路変更に何年かかるのかを把握しておかなければなりませんね。

3年かかるとします、だったら、3年先までの運期の情報が必要なわけです。

運命学では、線路といって、物事の事象が起きてくる、時間軸上のポイントを、

それぞれ定めています。

そして普通なら、その流れで進んでゆきます。

だからこそ、3年後の運期に注目しなければなりません。

そのあたりがちょうど変動期であれば、極めて要注意なわけです。

いつも現在の運期中心主義は止めなければなりません。

というところで、次回へ続いてゆきます。

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月15日 (日)

入眠時幻覚!!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

台風、凄かったですね。

明日は暑いらしいです。 

ところでトゥワイライトミステリーは、一時期、昼と夜とが逆転した生活をおくっていたことがあります。 

その時、入眠時幻覚を頻繁に見ていました。

夢よりもはっきりとしていて、現実とほとんど区別がつかないんですね。

でも、現実ではない・・・。 

沢山憶えているのですが、そのひとつのお話しは、

夜の世界の中をまるでおとぎの国のような電車に乗って走っているわけです。 

夜といっても全体がはっきりとした紺の色で、アニメのような感じでした。

電車は街の中をかなり高い位置の線路上で走っているんです。

ちょうどビルでいえば5階くらいの高さでしょうか。

その電車の窓からは、大きな大きな梟が街の後ろのあたりにとまっています。

この梟もアニメのような感じでした。

街は賑わっていましたが、人はひとりも見えませんでした。

広告塔やビルの窓の灯りが、まるで光の輪のように回転していました。

ビルなんかも、丸とか三角とか四角など、とてもシンプルな形でした。

あるビルのそばを電車が通り過ぎたとき、大きな音楽とともに観覧車のようなものがぐるぐる回っていたのです。

線路は曲がりくねってビルの谷間の間を走っています。

前方にまばゆい光が渦を巻いていました。

ある駅に到着すると、人物の影すらないのですが、にぎやかな声が響きわたっていました。

そして色彩は紺から段々にオレンジ色に変わってゆくのです。 

・・・といった入眠時幻覚なのですが。

これにはメッセージ性は、全くありません。 

突然現実に引き戻されるのですが、霊感のような曖昧さも、何かを意味しているとかの事もないのです。

多分、この入眠時幻覚にメッセージがあったとすれば、

「生活を変えろ!」

という意味なのでしょうけれども。

でもこれは後付けですから、本当かどうかはわかりません。 

ただ、ある種の転換期だったのは確かです。

不思議な事っていうのは、結構あるものです。 

入眠時幻覚は、怖いものが多いとかの話しをよく聞きますが、

本当に怖かったものもかなりあるのですが、

ほとんどは入眠時幻覚の世界の中で、

異様な感覚を受けていただけで、恐怖感はありませんでした。

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月11日 (水)

ビジネスの地平線

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

いよいよ本格的に雨ですね。

経営判断の決め手は、

集めた情報のうち、どれを採りどれを捨てるか

ですが。

すべてを見なければなりません!

といっても、すべての選択肢は見れないわけです。

だからこそ、出来るだけ多くの選択肢を考え出すことと、

その中でこれは絶対にはずせないという情報のコアを選び出す事が、絶対条件なのです。

ビジネスの新しい地平線を切り開きたいのであれば、

情報を収集する能力と、集めた情報を取捨選択し、それを整理して保存するマメさがなければなりません。

収集するテーマを決定する基準は、

図書館のような分類よりも、活用を想定して細分化しなければなりません。

たとえば、湾岸エリア、その中で、人口の増減、お洒落なプレイ・スポット、昼と夜の客層の違いや、湾岸エリアの日本経済に及ぼす影響とか、

もう一歩、絞り込んだテーマで収集しなければなりません。

つまり、これをもとに、すぐに企画書や提案書などが書けるようにです。

ビジネスはスピードです。

しかも情報は加速度的に蓄積されてゆきます。

この情報洪水の中を生き延びるすべを手に入れなければなりません。

要は、日々の情報収集が欠かせないわけですが、

ここで特に注意しなければならない点がいくつかあります。

そのひとつは、

情報は規格を統一して収集した方が有利だ。

という事ですね。

PCのファイルであっても検索できるようにしておかなければ、PCは知っているが、記憶から漏れてしまって、単なるゴミ情報にしかならないという事もあるからです。

ふたつめは、

美的でなければなりません。

統合された情報の集積と美意識! 

これは新しいビジネスの地平線を切り開くために、是非とも手に入れなければならない

「魔法の鍵」

なのです! 

最後にもっとも重要なこと。 

「遊び心」

が決定的に大切なのです。

真面目なだけでは、よいアイデアは出ては来ません。 

これらのポイントを抑えて、素晴らしいビジネス・チャンスを手にいれてください・・・

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月 9日 (月)

シナリオ・プランニング

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

いよいよ台風シーズンですね。

火曜あたりから天気が崩れるそうです。

ところで、ここのところのお話しは、タロットのスプレッドの説明のためでした。

経営は選択と集中だ!

とよく言われています。 

その選択肢は、出来るだけ多くとった方が有利です。

ここが占者の力量ですね。

こんな感覚…! とこまではいいんですが、

その結果をどれに当てはめるかという段階になると、

知識とイマジネーションが必要になるわけです。

スプレッドとしては、2者択一法で練習してみてください。

様々な選択肢も最終的に絞ってゆけば2者択一になることが多いからです。 

でも、まずは選択肢を考え出す!

これが一番大切な事です。 

この選択肢をいくつまで考えられるかが、

とても重要なわけです。

勿論、選択肢ですから、その流れの中にはストーリーがあるわけです。

まずは、やってみてくださいね。

ロジックというか、ビジネス的思考法では、

シナリオ・プランニングという手法と同じですね。

シナリオ・プランニングについては、有名なシェル石油の事例も参考にしてください。

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月 7日 (土)

手相と運命と成功確率!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

たとえとして、前回のときに成功の基準を60%と設定しました。 

本当はこんなに高くはないのですよ。 

未来に対する意思決定の成功率は!

なんと、10%にも満たないんです。

と… 戦略的意思決定関係の書籍には書いてありますね。

3~5%程度らしいんです。

よくは知りませんが。

失敗したら修正決定、修正決定でゆくらしいのです。

ホントかね! 

まあ、それは戦略的意思決定関係の書籍に直接あたってみてください。

ポイントは、戦略的意思決定の成功率と具体的な作業の成功率を、

「ごちゃごちゃいわんと、別々に考えた方がいいよ!」

という事ですネ。

確定要素の強い意思決定と、不確定要素の強い意思決定、つまり戦略的意思決定は別のものです。

作業は

「やるかどうか」

ですが、

戦略的意思決定、未来における成功のための意思決定は

「やれるかどうか」

なのです。

その事が成就するだけの条件が整うかどうかです。

だから、60% と低くしてあるのです。

そしてこの60%を70%や75%に上げる努力をするよりも、60%で成り立つように占う問題設定をしたほうが、ずっとうまくゆきます。 

その方が効率的なんです!

だから、60%というのは、本当は途方もなく高い確率なのです。 

そのための占いの方法が、運期をはかったり、手相を観て可能性を模索したり、パワーをどこかから得るとかの、様々な方法になるわけです。

だから、このレベルまでいくと思考ではどうにもならない領域なのですね。

まず手相から、みてみましょうか。 

成功運の到来する時期や可能性は…!

ごめんなさい。

このブログは画像を使わないで、思考のパラダイムシフトを図ろうという趣旨でした。

サイドバーにあるランキング・サイトに、手相専門で画像を多用している占い師さんがいらっしゃいます。

依頼すれば、鑑定もやってくれるようですよ。

そのサイトを参考にしてくださいネ! 

では、また!!

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月 5日 (木)

限界を超えるもの

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

今日も暑かったですね。

ところで、占いに関しては一般に完全に誤解されているところがあります。

「占いは、成功への道標」

とか言われていますが、

そうは言っておきながらも、その評価が極端なわけです。

100%当たるか、外れるか…。

5%の違い!

100%当たる占いを求めれば、必ず失望します。 

では、現実社会はいつでも100%を要求されているのでしょうか?

こんな馬鹿げた事って、

絶対に、絶対に

無いわけですね。

いつも成功か失敗かの瀬戸際は、

「限界ぎりぎり」

ですね。

たとえば5%も違えば!

55%では失敗するところが、60%で成功。

実にその差5%とかのケースって、結構多いわけです。

5%は、あくまでもたとえですが!

あと一歩が足りなくて…。

試験なんかもそうですネ。

60%で合格とします。

それが55%しか出来なかった。

これって不合格になりますよね。

で、考えるだけ考えてみて限界55%だったとします。

プラスあと5%が必要なわけです。

これが占術のパワーですね!

だから、当たったとか、外れたとかのゼロサム的発想は止めたほうが利口というものです。

こういった思考のパラダイムがあれば、成功に向かってまた一歩近づくわけです。 

だから、いいかげんに

「全部当たったらOK」

だとか、

「一部でも外れたら駄目だ」

とかの幼稚園児的発想はなんとかしましょう! 

でないと古いパラダイムのもとでは、

せっかく占術を知っても、現実には使えない状態になってしまうわけですから…

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月 4日 (水)

止めときなはれ!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

何事もやってみなければ、結果は出ないよ! 

というので、

「宝くじだって、買わなきゃ当たりっこない」 

という言葉が、よく使われています。

宝くじを買えば、運は悪くなる!

とも言えませんが、

何事であっても言葉に踊らされてはいけないわけです。 

買わなければ、当たる確率はたしかにゼロです。

お楽しみで買うのには、別に何も申しません。

ただ、当たる確率ゼロという言葉を鵜呑みにしてはいけないというだけです。 

誰だって、そんな風には考えません! 

追い詰められる事さえなければ。 

やるっきゃない! と気合を入れるために使うのはどうかと・・・。 

誰でもわかっている話しですが、

買わない限り損をする確率もゼロです。

毎月1万円づつ、1年買えば12万円ですね。

この12万円を他の自己投資に活用すれば、

間違いなく運は向上します。 

やっている事が合わないとか、

見込みのないスキルにお金を注ぎ込んでいるのでなければ! 

この差、実はとても重要なのです。

人生、攻めが最重要ではありません。 

守りに入ることも同じように重要です。

この守りに入っている状態で、宝くじを買いつづける。 

これは運を自分で手のひらから、こぼれ落ちるままにするという事です。

宝くじで象徴されているもの。

つまり、極めて確率の低い成功を狙うということなのですが!

ここから、運が悪い方向へと転換してしまうわけです。

Banner2 Lanqq11_4

2007年7月 2日 (月)

占いって、信じますか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

占いって信じますか? 

このテーマは、以前にも書いたような気がします。 

占いに関するアンケートや話題は、このテーマが多いですね。 

そこで改めて、皆様へ問いかけるわけです。 

占いって、信じますか!

答えは信じる派と、信じない派にわかれますので、誘導アンケートのようなものですネ。

面白そうだから、

興味をひくから! 

という理由なのでしょう。

もともと、答えは3パターンしかないわけです。

大多数は、いうまでも無く信じない派ですね。

その理由は、当たり外れがあってあてに出来ない。 

という事なのですが、

「自力でやり抜く、だから、運は不要!」 

というところまでの人は、あまりいらっしゃらないようですね。

占いは、当たり外れがある。

つまり、ギャンブルと同じだ! 

だから駄目だ! 

という感覚なのでしょう。

「すべて信じる」、はごく少数派でしょうか。 

多いところで、

「良いことは信じるが、悪い結果は無視する」

というのがあります。

これは実に奇妙な事ですね。

良いことは信じなくてもいいんですよ! 

外れたとしても、良いことが起こらなかったというだけですから。

当たっていれば、ほっておいても良いことは起きるわけなのですのにね!

逆に悪い事が外れる分については、かまわないんですけれども、

当たってしまうと困るわけです。

「だから、悪い事を信じろ!」

というのではなく、

「用心したほうがいいよ!」

という事なのですね。 

ということは、現実には良くても悪くてもこれ等の予測をもとに行動する人って、滅多にいないわけです。

だから、どうでもよいわけですネ。

未来の結果を予測せずに、漫然と生活しているわけなので。

出たとこ勝負の人生ですね。

これこそが、賭博人生、ギャンブル人生というものだ。

という気がするんですけれど・・・。

Banner2 Lanqq11_4

運命の双子、NLPと占術

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

NLP、神経言語プログラミングの話題を続けます。

運命の双子、NLPと占術…。 

NLPについては、後はイメージを変化させる事。

たとえば明度とか彩度とか大きさ等を縮小したり、拡大したり、位置を動かしたりとか、

図形移動的に操作する必要があります。

NLPに関しては、よい本がかなり出ていますので、そちらをご覧下さい。

ところで占術との秘密の関係の事ですが…。

これは秘儀になるんですよ!

だから、公開が難しいところですが。

今回は特別に公開しちゃいましょう! 

たとえばタロット、愚者のカードを見てください。

後ろの太陽とか、足元にじゃれつく犬だとか、

崖に佇んでいる愚者 ―エアロ・スミスの「リビング・オン・ジ・エッジ」状態ですね ― がいるわけです。

トゥワイライトミステリーは、エアロ・スミスがとてもお気に入りなんですよ! 

しょっちゅうCDをかけています。

それで、このひとつひとつの象徴、

実はひとつひとつが相関関係を保ちながらも、別のイメージなのです。

これは複雑に重なり合っています!

この感覚が本当に理解できれば、タロットの腕はかなり上達しますよ!

ほかにも、危機占術的な要素もあります。

嫌な事があったので、例によってそのイメージを。

心の中のスクリーンに映し出します。

そして、そのイメージの彩度を落とします。

明度も落とすわけです。

さらに縮小して左の下の方へ移動させ、小さく暗くしてゆきます。

で、消えるわけです! 

問題は、そのイメージを消したら、スクリーンが残るわけですね。

そこで、消滅と同時に用意してある、

「木立の中で、コービーを飲んで、ゆっくりとした気分になっているイメージ」

を一瞬に投影させるわけです。

イメージの変換の技法ですね。

ほとんどの場合は、これで効果がでます。

でも・・・。

稀に、最初の画像を消滅させた瞬間に次の画像が表示されないことがあるわけです。

2枚の画像の間に、もう一枚、別の画像がスクリーンには映ってはいませんが、挟まっているのです。

この無機質な灰色の画像は、

実は警告を発し続けていたわけです。

そこから、本当に読まなければならない何かがわかってくるのです。

これが、占術の対象なのですが…

Banner2 Lanqq11_4

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31