無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 空想的会計論 | トップページ | あなたは信用されていますか? »

2007年5月24日 (木)

その気持ちはわかりますけれど!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今回は集客についての話題です。

その気持ちはわかりますけれど!

商店の経営状況は、置かれている商品をみれば一目瞭然です。

たとえば、並べられている商品が極端に薄くなった。

いうまでもなく、これは資金繰りの悪化ですね。

陳列されている商品の動きが悪い。

死に筋商品が増えたのでしょう。

そこへもってきて以前の売れ筋商品も動かなくなってきている。

これはかなり重傷です。

これが売れ筋商品の欠品が多いなら、仕入れの失敗です。

店主の勘が相当に悪いわけです。

売れ筋商品の欠品と死に筋商品の増加は一番多くみられる症状だからです。

店主の感覚の悪さ、これはちょっと話してみればわかります。

たとえばお酒屋さんの場合、新商品が絶えず発売されているので、

「これって、どうなの?」

とか聞いてみると、

「さあ、飲んだことはありませんから!」

とか。

あとは店のカウンター付近にある新商品の販促用の試飲缶をみて、

「これって、いつ頃でるの?」

と聞いてみると、

「近いうちだと思います」

「よくわかりませんが!」

などという答えが返ってくるわけです。

店の奥にある酒販会社からの資料を、ちょっとみればすむだけなのにです。 

多分、資料を整理していなくて、ごちゃごちゃにしてしまっていて、

すぐには出ないからなのでしょうが。

お酒屋さんの場合はこれでもよいのかも知れません。

注文を受けて配達するのが主な業務であることも多いからですね。

でも、これがアパレル関係、つまり衣料品だったら? 

店主の研究心のなさは致命的ですね。

すでにトレンドから遅れ過ぎています。

でも、その話しって本当に本当? 

実は本当になのです。

不審に思われるかもしれませんが、

売れていない店って、けっこうこんな感じのところが多いのです。

もっと集客努力をしなければなりません。

にもかかわらず、税理士にいわれて経費削減を考えるとか、変な話術に凝りまくるとか…。

方向感覚が違う経営者も多いですね! 

変な話術といえば、ひところはやった木霊がそうですね。

お店へお客様が入ってくると、そこにいる店員の全員が、

「いらっしゃいませ!」

などと景気の良い掛け声を次々にかける、例のやつです。

お客が沢山はいっていて、景気のよい店であるとか、

活気、元気いっぱいの店を表現しようというわけです。 

エコー効果 ―つまり木霊ですが― を狙っているわけですが。

でも、いくらエコーを響かせてもお客さまの反響がなく、今はかなりすたれてしまいました。

ひと頃、ある百貨店の洋品売り場でもやっていて、うるさくてかなわなかったことがあります。

最高に傑作なのは、とあるガソリンスタンドで ―SS、つまりサービスステーションとかいうらしいのですが― 給油をしてもらっていたら、

「オーライ、オーライ、こちらへどうぞ!」

とか大声で木霊をやっていました。 

そこへあとから入ってきたトラックの運ちゃんが、

「この通り、今ここへ来るまで一台もすれ違わなかったぞ!」

「気味が悪いな!」

「この通りのガソリンスタンド、みんなガラガラでやんの!」

とか、大声で従業員に話しかけていました。

たまたま雨の後の夕方で、靄がかかっているような時間帯でしたが。

でも、本当に客が入っているのか、見せかけだけなのかは誰にだってわかりますよね! 

集客の効いていない店って、問題だと思いませんか?

Banner2 Lanqq11_4

« 空想的会計論 | トップページ | あなたは信用されていますか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6539394

この記事へのトラックバック一覧です: その気持ちはわかりますけれど!:

« 空想的会計論 | トップページ | あなたは信用されていますか? »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31