無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 不利な戦局! | トップページ | ダイスをころがせ! »

2007年5月12日 (土)

不条理と恐怖、不安!

テクノラティプロフィール

おはようございます!  トゥワイライトミステリーです。

今朝は気温も涼しく、青空が広がっていてとてもよい気分ですね。

というわけで、やっとこの時間に起床したわけですが、

サンドイッチとよく冷えたガロのブーンズトロピカルを飲みながらかなり遅めのブランチを取っています。

今日の話題ですが、

重要な仕事はすぐにやめるべきです!

社長のお掃除好き度はかなりのものですね。

なにしろお掃除で会社の経営が良くなった系の本も、過去からいろいろ出ているくらいですから。

新興宗教なのでしょうね! これは。 

この宗教の熱心な信者である経営者は、経営状態が非常に悪化していることが多いようです。

たしかにお掃除で会社が良くなった事例もかなりあるのでしょうけれども! 

知人の会社がこのパターンでした。

営業の業績があがらないため、社員全員が朝1時間早く出社してお掃除。

なにしろ手すりまでみんなで磨くという熱心な信者でした。

あっというまに倒産してしまいましたが…。

人間は理由のわからない不条理にとても弱いところがあります。

業績の下降もそうです。

なんでそうなるのか、どうしてそうなのか、とかの理由がつかなければ納得できないわけです。

その結果、2通りの思考パターンのどちらかへ辿り着くことになるわけですね。 

 (1)分析―納得―有効な対策を打つ。 

 (2)分析―納得―諦める。 

誰でもとりあえず情報を集めて分析する。

まあ、考えてみるわけです。 

そして納得します。

景気が悪いのだからとか…! 

その対策としては、しかたがない来期は頑張ろう! 

根性ですね!

で、新興宗教である 「お掃除教」 の信者さんは、対策として当然の事ながら 「お掃除に励む」 事になります。

全社一丸となってとか筋はとおっています。

たしかにお掃除のゆき届いていない会社さんは調子の悪いことは事実です。

問題は誰がお掃除をやるのかという点ですね。

社員のコストは高いわけですから、お掃除のおばちゃんに頼むよりもコストの高い社員にやらせるというのは…! 

この問題は本質的には経営の生産性が悪い点にあります。

だから、お掃除では業績は向上しませんね。

あくまで、経営の生産性を上げなければならないわけです。

苦しい時には人間は藁にもすがりたくなります。

これはしかたのない事ですが。 

それでもあえて「重要な仕事と思い込んでいる本質的ではない仕事」はカットしなければなりません。 

具体的な対策がないからお掃除なんでしょうけれども。 

お掃除をカットしてしまえば、残るのは恐怖と不安ばかりですが。 

そうなった原因は業績不振の原因として分析した結果を経営者自身が納得した時に、

「これでは業績不振も仕方がないな!」

と妙に悟ってしまったからです。 

だから、誰が改善策を提案しても、

「なにをやっても効果がなく無駄な労力だ」

という反論が経営者から出てくるわけです。

「だめだめ世界の住人」になってしまっていますからね。

でも、やらなければしょうがないんです。

百歩譲って効果がなさそうだとしても、その100%全部について効果がないと証明されたわけではありません。

少なくても恐怖心や不安からお掃除に夢中になるよりはまだましではないかと…!

何かもうちょっとましな事をやらなければ…!

Banner2 Lanqq11_4

« 不利な戦局! | トップページ | ダイスをころがせ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6389466

この記事へのトラックバック一覧です: 不条理と恐怖、不安!:

« 不利な戦局! | トップページ | ダイスをころがせ! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31