無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« あなたはプロの占い師さんですか? | トップページ | 性格分類論って、どうなのよ! »

2007年5月31日 (木)

雨の日には表参道ヒルズで♪♪

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

雨の降りがわりと強い日でしたが、こんな日は近くにある表参道ヒルズでティー・タイムをとるのにかぎります。

今日は両国屋是清で和カフェにしました。

表参道ヒルズのよいところは、店の窓から外の緑がとても綺麗に見えることですね。

これは精神的にとても気分をリラックスさせます。

表参道ヒルズにいると、1~2時間はすぐにたってしまいます。

ただでさえ閉鎖的な気分になる雨の日にもかかわらず、まったく雨を気にしないで楽しむことができるというわけですから。

ところで、今日の話題ですが。

外れる占い師を味方につけよう! 

逆説的に言うなら、これがよい占い師を探す一番の秘訣です。

占い師だからといって、日常的な事柄をなんでもかんでも占うわけではありません。

「大体がやな~!」

「そんなことしたら疲れるやんけ~」

というわけで、未来予知モードはオフにしておくのが普通だからですね。

でも、トレーニングとして、テーマを絞って占う! 

てなこともいたしません。

理由は簡単です。

選択することって、とても疲れるからです。

「今朝、何を着て出かけるか?」

から始まって、

「昼食はなににする?」 

「夜のドライブはどこへ行こうか?」 

など、私たちには実に様々な選択肢があるわけです。

で、昼食をパスタにしてみたところ、やっぱり蕎麦のほうがよかったとか。

その選択の結果に満足しないこともあります。

占うということは、選択肢のうちのどれかを捨てるということなのですね。

これって結構疲れます!

占ってみても、よく外れる占い師というのは、

「未来予知というものは結構外れるものだ!」 

と身体で理解しているという事なのですね。

外れることの嫌いな占い師は、仕事としての実際の鑑定の時でさえ、曖昧な答えしか告げません。

つまり、選択肢を絞ることが出来ないわけです。

野球でも投手の投げる剛速球を怖がっていてはダメですね。

球を怖がる選手は伸びません。

だから、外れることが嫌いな占い師は、結局のところモノにはなりません。

といっても、占い師になってからまだほんの2~3年程度なのに、

「80%当たります!」 

とか、

「85%当たります」

これって困りものですね。

占いの本質を全然理解していないということですから!

これが一般の方々の場合は、

「未来予知は当たらない!」 

「未来予知など当たるわけがない!」

で終わってしまいますね。

これはもっともっと困ります!

ステレオタイプ、ワンパターン思考しか出来ないというわけですから。

当たる、当たらない、の間の領域で、絶えず現在の的中率を把握しておく。

このスタンスが、占い師の中ではもっとも大切な資質のひとつでもあります。

ある意味、凄腕ギャンブラーと同じですね! 

そして、占いに上達する秘訣は外れることを恐れないことなのです。

つまり、選択と集中の出来る ―選択肢を絞り込む能力のある― 占い師でなければならないわけです。

これは鑑定を依頼する立場からしてみても、結論のはっきりと言える占い師でなければ意味はないのでは? 

当たり外れは確率なので、100%がない以上、

「当たることの多い占い師」

か、

「あまり当たらない占い師」

しか存在しないわけですから!

Banner2 Lanqq11_4

« あなたはプロの占い師さんですか? | トップページ | 性格分類論って、どうなのよ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6618658

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日には表参道ヒルズで♪♪:

« あなたはプロの占い師さんですか? | トップページ | 性格分類論って、どうなのよ! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31