無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« その気持ちはわかりますけれど! | トップページ | 青春の日々、忘却の彼方への旅立ち! »

2007年5月25日 (金)

あなたは信用されていますか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

セールスパーソンとか、何かしら営業に関係した人間の意見として、

「商品を売る前に自分自身を売れ!」

というのがあります。

セールス畑ではきっとそうなのでしょうね。

そして一番重要なことは、

「いかに信用を得るか」

という事らしいのですが。

逆に言えば、彼等の言い分として、

「信用されさえすれば、どんなものだって売れる」

そうなのです。

たとえば、猫に与えるご飯用の古びたお茶碗などでも、うまく信用されさえすれば高価な骨董品として数千万円でも売れるという話しなのですね。

で、これにはいかに信用させるかという話術が必要になるわけです。

つまり、セールストークですね。

なので、今回はセールス話術がらみの話題です。 

物を売るのに信用はいりません! 

ある種のセールスの場合、信用は不可欠ですが、

この信用をさせるという事が最重要課題でないのなら、その努力は無駄な事です。

「貧すれば鈍す」

と言われているように、商品の売れなくなってきているショップのオーナーが、

「どうすれば物が売れるのか?」 

などと考えて情報を本などから集めると、見当違いな方向へ向かうことがよくあります。

日本人はなんでも拡大解釈する悪いくせがあって、

「つまるところ言っていることは同じだ!」

とか、それほど関連性の強くない事柄を強引にこじつけて、同じ部分だけ強調する傾向があるように感じてしまうのは、トゥワイライトミステリーだけでしょうか? 

たとえば内装が綺麗! 

だとすると、

「内装も信用のうちじゃないか?」 

とくるわけです。

では、同じような内装なら売上は同じ程度のはずですね。 

でも、現実にはそうなりません。 

同じ球技でも、野球と卓球は別のものです。

野球がいくら上手くても、卓球で勝てるわけではありません。

ショップの接客と訪販のセールスは本質的に違います。 

それをつまるところすべてはセールスであると思い込むから、話しがややっこしくなるわけです。

同じ接客業で、人間を相手にするのだから根本は同じだ!

では、駄目なわけです。

これでは知りたい具体的な事って、なにも出てきません。

商品は単に並べておくだけで売れます! 

売れる商品を売れるように並べておきさえすればよいだけです。

その前提としての信用は不要です! 

たまたま友人の家へ遊びに行く途中で喉が渇いたとして、ウーロン茶をコンビニで買うとしましょう。

そのコンビニ店の事など全く知りませんし、信用できるかどうかなど考えたことすらありません。

売られている商品がアサヒだったり、サントリーだったりして、すでに商品自体に信用力があるからですね。

それなのにへんに客とのラポールつくりとか、売るためのトークなどいるはずもないわけです。

そんなまだるっこしいことをするまでもなく、

商品は並べておけばよいだけなのです。

この場合、商品が売れないなら、ほとんどの原因は商品と客との関係ですね。

それよりも先に考えておかなければならない事。

つまり「信用」とは、一体何を指すのでしょうか? 

「信用」についての定義を、あまりにも雑っぽくやると売上は落ちる一方になります。

このあたりの勘違いが、売上不振の打開策を練る場合の、大きな障害のひとつなのですが…!

Banner2 Lanqq11_4

« その気持ちはわかりますけれど! | トップページ | 青春の日々、忘却の彼方への旅立ち! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6548990

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは信用されていますか?:

« その気持ちはわかりますけれど! | トップページ | 青春の日々、忘却の彼方への旅立ち! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31