無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

雨の日には表参道ヒルズで♪♪

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

雨の降りがわりと強い日でしたが、こんな日は近くにある表参道ヒルズでティー・タイムをとるのにかぎります。

今日は両国屋是清で和カフェにしました。

表参道ヒルズのよいところは、店の窓から外の緑がとても綺麗に見えることですね。

これは精神的にとても気分をリラックスさせます。

表参道ヒルズにいると、1~2時間はすぐにたってしまいます。

ただでさえ閉鎖的な気分になる雨の日にもかかわらず、まったく雨を気にしないで楽しむことができるというわけですから。

ところで、今日の話題ですが。

外れる占い師を味方につけよう! 

逆説的に言うなら、これがよい占い師を探す一番の秘訣です。

占い師だからといって、日常的な事柄をなんでもかんでも占うわけではありません。

「大体がやな~!」

「そんなことしたら疲れるやんけ~」

というわけで、未来予知モードはオフにしておくのが普通だからですね。

でも、トレーニングとして、テーマを絞って占う! 

てなこともいたしません。

理由は簡単です。

選択することって、とても疲れるからです。

「今朝、何を着て出かけるか?」

から始まって、

「昼食はなににする?」 

「夜のドライブはどこへ行こうか?」 

など、私たちには実に様々な選択肢があるわけです。

で、昼食をパスタにしてみたところ、やっぱり蕎麦のほうがよかったとか。

その選択の結果に満足しないこともあります。

占うということは、選択肢のうちのどれかを捨てるということなのですね。

これって結構疲れます!

占ってみても、よく外れる占い師というのは、

「未来予知というものは結構外れるものだ!」 

と身体で理解しているという事なのですね。

外れることの嫌いな占い師は、仕事としての実際の鑑定の時でさえ、曖昧な答えしか告げません。

つまり、選択肢を絞ることが出来ないわけです。

野球でも投手の投げる剛速球を怖がっていてはダメですね。

球を怖がる選手は伸びません。

だから、外れることが嫌いな占い師は、結局のところモノにはなりません。

といっても、占い師になってからまだほんの2~3年程度なのに、

「80%当たります!」 

とか、

「85%当たります」

これって困りものですね。

占いの本質を全然理解していないということですから!

これが一般の方々の場合は、

「未来予知は当たらない!」 

「未来予知など当たるわけがない!」

で終わってしまいますね。

これはもっともっと困ります!

ステレオタイプ、ワンパターン思考しか出来ないというわけですから。

当たる、当たらない、の間の領域で、絶えず現在の的中率を把握しておく。

このスタンスが、占い師の中ではもっとも大切な資質のひとつでもあります。

ある意味、凄腕ギャンブラーと同じですね! 

そして、占いに上達する秘訣は外れることを恐れないことなのです。

つまり、選択と集中の出来る ―選択肢を絞り込む能力のある― 占い師でなければならないわけです。

これは鑑定を依頼する立場からしてみても、結論のはっきりと言える占い師でなければ意味はないのでは? 

当たり外れは確率なので、100%がない以上、

「当たることの多い占い師」

か、

「あまり当たらない占い師」

しか存在しないわけですから!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月29日 (火)

あなたはプロの占い師さんですか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

これから先、いったいどうなるのだろうか? 

今あるいくつかの道のうち、どの道を歩いてゆけばよいのだろうか? 

いまのままで本当によいのだろうか? 

など、人はきりがないほど未来を知りたがります。

未来の出来事に関しては、古来より神によって選ばれた人間だけが、神託という形で神の言葉を受け取ることができました。

そして、それが時代を経て占いという形で精緻な理論を持つようになったのです。

ところが、その精緻な占術理論をもってしても、さっぱり未来がわからなくなってきたとしたら…! 

さっそく、今日の話題です。

プロはプロ、アマはアマ!

命理系の占いについては、

「過去は驚くほど当たるけれども、未来に関してはさっぱり当たらない」

とか言われています。

これには理由がふたつあります。

ひとつは命理系の占いも、収穫逓減の法則(限界効用逓減の法則)に支配されるという点です。

占術用語を駆使して過去を複雑に理論構成する。

かっこいいですね!

アマチュア占い師のもっとも得意とするところですね。

起こってしまった過去はどうにでも説明できるわけですが。

これは株式投資でも競馬でも同じです。

過去から上昇を続けてきている株価曲線の現在の時点をとらえて、

「今後上がる!」

と説明するときに株屋さんがよく使う理屈ですね。

過去の業績と現在の動向などを詳しく解説して、「これから上がる」とやるわけです。

トゥワイライトミステリーのところへ以前来ていた証券会社の営業さんがそうでした。

といってもほんの数回ですが!

拡大した曲線をみると、いかにもこれからも勢いよく上昇しそうでした。

でも、トゥワイライトミステリーには、これが天井にしか見えませんでしたので、

「もう上昇は無い。これからは下降するだけです! 」

といったのですが、

こちらの言葉には耳をかそうともせずに、推奨銘柄を熱心に勧めていました。

ところが、その営業さんが帰って数日後から不思議なことに、その推奨銘柄の値動きは必ず下降へと転じるのです。

で、ひやかして、

「あなたが来ると数日後に下降するネ!」

というと、

「そんなジンクス、あるんですか!」

とむきになって反論していましたが、

結局、数回同じ事がつづいたので、それっきり顔を出さなくなってしまいました。

命理系の占術理論も、過去を説明するために駆使してしまってはいけません。

こんな占術理論の解説では、どんなに博学多識にみえても現実には未来は当たりません。

ふたつめの理由は、もっと本質的な理由なのですが。

説明が簡単ではないので、またの機会に書きますね。

この問題を避けるにはどうすればよいのでしょうか? 

視点を過去の説明から未来の予知へと切り替えればよいだけなのですが…!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月27日 (日)

成城という街

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

今日も暑い一日でしたね。

午後からは成城へ遊びにいっていました。

成城はトゥワイライトミステリーのお気に入りの街なのですね。

散歩してもよく、街並みがとても落ち着いていて、なんとなくよい感じなのです。

駅の近くにある 「プレリアル成城」 というケーキ屋さんが気に入っていて、ここでティー・タイムをとるのが習慣になっています。

お馴染みのオーベルジュ・ド・スズキが去年の8月に閉店してしまったのは残念ですが、

今年の11月に軽井沢で新しく開店するようなので、どんな店になるのか今から楽しみですね!

成城には新しく、「シェ松尾」 が開店したので、楽しめること間違いなしですが。 

ところで、トゥワイライトミステリーはランキングサイトに参加しているため、他の占い師さんのサイトを見る機会が増えました。

可愛い占い師さんのサイトもあったりして、よく遊びにいったりしています。

それぞれにみんな綺麗なサイトも多くて、幻想的な画像だったり、美しい写真があったりしてけっこう楽しんでみています。

ちょっと驚くのが、占い師の嫌いな占い師さんや、一般の占い師ではありませんが…、とか、占い師と思われるのは好きではない、とか書いてあるサイトがあったりして。 

ふーん、そんなものなのか! 

と妙に感心したりしています。

普通、カー・レースの嫌いなレーシング・ドライバーとか、ロック・ギタリストだと思われたくないロック・ギタリストとか、画家だと思われるのが嫌いな画家さんって、トゥワイライトミステリーのまわりにはこれまでいなかったものですから! 

いろいろとあるのでしょうね! ご自身の哲学とかが。

別にこれは皮肉ではありません。 

本当にそう思って感心しているだけです。

トゥワイライトミステリーも娯楽占いではないとジャンル分けして言っていた時期もありましたが、面倒くさいので、最近単なる占い師でとおしています。

ジャンル分けする必要も別にありませんしね。

明日からは平日です。

道路も休日のようには混雑しないので、逗子マリーナへ遊びにいこうかな?

とか思っています。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月26日 (土)

青春の日々、忘却の彼方への旅立ち!

テクノラティプロフィール

今晩は! ウォッカ・ベースのカクテル、バラライカを飲みながら、ロッド・スチュワートの「ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック」を聴いている、トゥワイライトミステリーです。

今日はとても暑かったですね。

この時間になってようやく温度も下がってきましたので、部屋でゆっくりしているわけですが。

「ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック」は、アメリカン・スタンダード・ナンバーをロッド・スチュワートがカバーしたカバー集CDです。

ロッドがいい味をだして歌っています。

今日は鎌倉まで足をのばしてみました。

さすがにすごい人ごみでしたね。

スーパーの紀伊国屋側の駅のところに、軽井沢 MINORIYAが出店をしていました。

ジョン・レノンも、こんなに美味しいソフトクリームは食べた事がないと絶賛した「ロイヤルスウィートバニラ」の店ですね。

楽天などネットでのお取り寄せでも人気のあるお店です。

鎌倉はいろいろと面白いお店も多いので、いずれご紹介いたしますね。

ところで最近、中高年の方々がエレキ・ギターのバンドを組んで、いろいろと演奏会などをされているのが話題になっています。

NHKでもエレキ・ギター講座が放送されたそうです。

お嬢さんや奥様が差し入れを持ってきて、熱心に応援されるそうなのですが。

レパートリーは、ベンチャーズが得意だとか。

もう一生働くこともなくなり、人生の役割をある程度終わられた方々が、置き去りにしてきた青春の1ページが気になって探し始めたのでしょうね。

きっと楽しかった思い出や悲しかった思い出、いろいろな思い出を探す旅なのでしょう。

人生、スピードだけが良いことでもありません。

ふと立ち止まって、過去をふり返る時間も貴重なのですね。 

ベンチャーズと人生の忘れ物に乾杯!!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月25日 (金)

あなたは信用されていますか?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

セールスパーソンとか、何かしら営業に関係した人間の意見として、

「商品を売る前に自分自身を売れ!」

というのがあります。

セールス畑ではきっとそうなのでしょうね。

そして一番重要なことは、

「いかに信用を得るか」

という事らしいのですが。

逆に言えば、彼等の言い分として、

「信用されさえすれば、どんなものだって売れる」

そうなのです。

たとえば、猫に与えるご飯用の古びたお茶碗などでも、うまく信用されさえすれば高価な骨董品として数千万円でも売れるという話しなのですね。

で、これにはいかに信用させるかという話術が必要になるわけです。

つまり、セールストークですね。

なので、今回はセールス話術がらみの話題です。 

物を売るのに信用はいりません! 

ある種のセールスの場合、信用は不可欠ですが、

この信用をさせるという事が最重要課題でないのなら、その努力は無駄な事です。

「貧すれば鈍す」

と言われているように、商品の売れなくなってきているショップのオーナーが、

「どうすれば物が売れるのか?」 

などと考えて情報を本などから集めると、見当違いな方向へ向かうことがよくあります。

日本人はなんでも拡大解釈する悪いくせがあって、

「つまるところ言っていることは同じだ!」

とか、それほど関連性の強くない事柄を強引にこじつけて、同じ部分だけ強調する傾向があるように感じてしまうのは、トゥワイライトミステリーだけでしょうか? 

たとえば内装が綺麗! 

だとすると、

「内装も信用のうちじゃないか?」 

とくるわけです。

では、同じような内装なら売上は同じ程度のはずですね。 

でも、現実にはそうなりません。 

同じ球技でも、野球と卓球は別のものです。

野球がいくら上手くても、卓球で勝てるわけではありません。

ショップの接客と訪販のセールスは本質的に違います。 

それをつまるところすべてはセールスであると思い込むから、話しがややっこしくなるわけです。

同じ接客業で、人間を相手にするのだから根本は同じだ!

では、駄目なわけです。

これでは知りたい具体的な事って、なにも出てきません。

商品は単に並べておくだけで売れます! 

売れる商品を売れるように並べておきさえすればよいだけです。

その前提としての信用は不要です! 

たまたま友人の家へ遊びに行く途中で喉が渇いたとして、ウーロン茶をコンビニで買うとしましょう。

そのコンビニ店の事など全く知りませんし、信用できるかどうかなど考えたことすらありません。

売られている商品がアサヒだったり、サントリーだったりして、すでに商品自体に信用力があるからですね。

それなのにへんに客とのラポールつくりとか、売るためのトークなどいるはずもないわけです。

そんなまだるっこしいことをするまでもなく、

商品は並べておけばよいだけなのです。

この場合、商品が売れないなら、ほとんどの原因は商品と客との関係ですね。

それよりも先に考えておかなければならない事。

つまり「信用」とは、一体何を指すのでしょうか? 

「信用」についての定義を、あまりにも雑っぽくやると売上は落ちる一方になります。

このあたりの勘違いが、売上不振の打開策を練る場合の、大きな障害のひとつなのですが…!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月24日 (木)

その気持ちはわかりますけれど!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今回は集客についての話題です。

その気持ちはわかりますけれど!

商店の経営状況は、置かれている商品をみれば一目瞭然です。

たとえば、並べられている商品が極端に薄くなった。

いうまでもなく、これは資金繰りの悪化ですね。

陳列されている商品の動きが悪い。

死に筋商品が増えたのでしょう。

そこへもってきて以前の売れ筋商品も動かなくなってきている。

これはかなり重傷です。

これが売れ筋商品の欠品が多いなら、仕入れの失敗です。

店主の勘が相当に悪いわけです。

売れ筋商品の欠品と死に筋商品の増加は一番多くみられる症状だからです。

店主の感覚の悪さ、これはちょっと話してみればわかります。

たとえばお酒屋さんの場合、新商品が絶えず発売されているので、

「これって、どうなの?」

とか聞いてみると、

「さあ、飲んだことはありませんから!」

とか。

あとは店のカウンター付近にある新商品の販促用の試飲缶をみて、

「これって、いつ頃でるの?」

と聞いてみると、

「近いうちだと思います」

「よくわかりませんが!」

などという答えが返ってくるわけです。

店の奥にある酒販会社からの資料を、ちょっとみればすむだけなのにです。 

多分、資料を整理していなくて、ごちゃごちゃにしてしまっていて、

すぐには出ないからなのでしょうが。

お酒屋さんの場合はこれでもよいのかも知れません。

注文を受けて配達するのが主な業務であることも多いからですね。

でも、これがアパレル関係、つまり衣料品だったら? 

店主の研究心のなさは致命的ですね。

すでにトレンドから遅れ過ぎています。

でも、その話しって本当に本当? 

実は本当になのです。

不審に思われるかもしれませんが、

売れていない店って、けっこうこんな感じのところが多いのです。

もっと集客努力をしなければなりません。

にもかかわらず、税理士にいわれて経費削減を考えるとか、変な話術に凝りまくるとか…。

方向感覚が違う経営者も多いですね! 

変な話術といえば、ひところはやった木霊がそうですね。

お店へお客様が入ってくると、そこにいる店員の全員が、

「いらっしゃいませ!」

などと景気の良い掛け声を次々にかける、例のやつです。

お客が沢山はいっていて、景気のよい店であるとか、

活気、元気いっぱいの店を表現しようというわけです。 

エコー効果 ―つまり木霊ですが― を狙っているわけですが。

でも、いくらエコーを響かせてもお客さまの反響がなく、今はかなりすたれてしまいました。

ひと頃、ある百貨店の洋品売り場でもやっていて、うるさくてかなわなかったことがあります。

最高に傑作なのは、とあるガソリンスタンドで ―SS、つまりサービスステーションとかいうらしいのですが― 給油をしてもらっていたら、

「オーライ、オーライ、こちらへどうぞ!」

とか大声で木霊をやっていました。 

そこへあとから入ってきたトラックの運ちゃんが、

「この通り、今ここへ来るまで一台もすれ違わなかったぞ!」

「気味が悪いな!」

「この通りのガソリンスタンド、みんなガラガラでやんの!」

とか、大声で従業員に話しかけていました。

たまたま雨の後の夕方で、靄がかかっているような時間帯でしたが。

でも、本当に客が入っているのか、見せかけだけなのかは誰にだってわかりますよね! 

集客の効いていない店って、問題だと思いませんか?

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月23日 (水)

空想的会計論

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

最近のビジネス書の傾向として、今までは裏方の役割だった会計専門家の本が増えてきています。

会計専門家、つまり、税理士と公認会計士の事ですが。

今日の話題です。 

絵に描いた餅は信用するな! 

絵に描いた餅、つまりは机上の空論!

あっ、いや、机上の計算の事です。

ある公認会計士の書いた面白い会計本が以前ヒットしました。

例のさおだけ屋の話しですが。

それで2匹目のドジョウ狙いなのでしょうか、出版社も積極的にとりあげているようです。

さて、その実用度は? 

というと、ちょっと「困ったちゃんな本」が多いのですね。

「困ったちゃん本」の特徴は、一見会計で経営が向上するといったようなにおいが強すぎる部分です。

今までのB/S、P/Lでは役には立たない。

だから会計知識を経営に活かすにはこうしなければとか。

視点としてはどの本も悪くはないですよ。

つまらない小説を読むよりもずっと面白いのですが、

それってどうやるの? 

となると…! 

たとえば、月次決算を利用して経営状態を改善するとか。 

必要売上高が簡単にでるわけですね。

でも、その売上はどうやって上げるのとなると…! 

となると…! 

となると…! 

「誰が」となると、経営者にふってしまうのでしょうね。 多分!

「困ったちゃん本」の著者は、実は会社の扱い商品の特性も全く理解してはいないのだろうと、トゥワイライトミステリー的には勝手に踏んでいるのですが。 

商品によっては売り方や広告宣伝の仕方が全然ちがうのですよね。 

ただ、売れ、売れでは売れません。 

一番傑作なのは、

どの業種を選ぶかよりもマネジメントだ! 

とかいう「とんでも本」でしょうか。

きっちりとしたマネジメントは勿論必要です。

で、業績が下降してきたときには、リストラで利益を出します。

マネジメント重視ですから! 

さらに下降すれば、

さらなるリストラで利益を出します。

さらにさらに下降して損益分岐点を下まわってきたら…! 

固定費も出なくなってきたら…! 

単純ですね。

その企業は倒産するのです。

業績がある範囲の幅から変動しないという隠された前提があるからですね。 

とにかく会計分析だけで、経営状況が改善するわけはありませんね。

だから、「困ったちゃん本」は財務関係、弱い弱いちゃんで、財務コンプレックスのある経営者向けなのでしょうね。 きっと…!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月22日 (火)

衰退してゆくショップ

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

最近、古くからある商店街の景気が悪いらしく、後継者難の話題が多いようです。

そこで今日の話題です。

業績不振は不況のせいですか?

企業は顧客とともに年をとってゆきます。

特にショップはその傾向が著しいですね。

もう10年以上も前から開店していて、ここ数年売上不振に陥ってしまっているショップをみてみると、たいてい客層が高齢化しています。

顧客とともに店舗も老いたわけです。

こういったショップの経営者にかぎって、最近この辺りに住宅が増えてきたとか、マンションがどんどん建っているとか…。

だから、そのうちお客も増えてくるなどと言っていますが、

そのうちにはありません!

事業運自体が衰運に入ってしまっています。

これまでにも改善のチャンスはあったのですが、問題を先送りにして今日の結果になったわけです。

こんな場合、経営者は藁にもすがる思いで店舗の改装をしたがります。

それと多いのが、接客術を改善して売上を増やそうとするパターンです。

これらの手段も局面によってはうまい手段なのでしょうが、

こういった店舗の場合は無駄な事です。

顧客自体、同じような商品やサービスを提供している店も多いなかで、今までお客さまで来てくれていたわけなので、店主のパーソナリティーに合っている顧客だけが残っているからですね。

小手先の接客術では、今までの顧客も失うことになります。

そんな店主の意見は別として、店の前の通りをみてみれば結構人が通っていたりもします。 

なにか根本的な考え違いをされているわけですね。

この点を指摘しても、それらの人々が店主の店に来ない理由をこちらが驚くほど、次々と繰り出して反論してきます。

高齢化した顧客だけでは、いずれもっと売上が落ちるでしょうに! 

店舗の改装に資金を使うぐらいならば、新しい顧客の集客に使うべきですね。

改装が集客に繋がらないわけですから!

こんなケースは、店に流れている気のパターンを変えてやる必要があるのです。

つまり、店主の運気を転換させなければなりません。

手法としては、方位をとるとか、パワー・ストーンを持つとかいろいろありますが…、

まず最初に、店主の運気を把握しなければなりません。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月21日 (月)

危険な経営判断!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今までどうしてシステム手帳なのかというと、

簡単に言えば、運をよくする ―これは開運法ということですが― ためです。

「夢」実現というか、成功を手に入れるのは、目標設定も含めて手段を詰めていった最終結果でしかないからです。

成功は様々な要因が成就された結果ですので、それらを支える個別な手段も検討して、このスキルを磨き上げる必要があるからです。

注意する点としては、これはフラットの状態でのことなのですね。

で、今回の話題ですが、 

下降運の時の判断には注意が必要である。

簡単な話し、自動車の運転をイメージしていただけばよいのですが、

まず運転技術の習得ですね。

そして実際に交通量の多い幹線道路などへ出ても、判断を誤らない事も絶対条件です。

勿論人間ですから、事故の一歩手前というヒヤッとする体験は誰しもお持ちでしょう。

そうであっても、事故を起こしてはなんにもなりません。

話しはこれからです。

これが、もし高熱を出していて医者へ行くためにスピードを出して走っているとしたら! 

こんな危険なことはありません。

こんな時の判断力ほど当てにならないものはないからです。

病勢が強くなってきている。

これは健康状態が低下、悪化してきているわけです。

ですから、病院には他人の運転する車で行くのが最善です。

こんな状態での自分の判断は、当てにはならないと自覚していなければなりません。

これでは運転していても、事故を起こすだけです。

経営者とお話しして一番困るのは、

経営者自身が、経営が不振であることはわかっていても、その原因をご一緒に考えましょうという段になると、自説を強調して一歩も譲らない方が結構多いという点なのです。

トゥワイライトミステリーは、経営者とあえて議論をしてまで、お互いに不愉快になるような無駄な事はいたしません。

下降運であるにもかかわらず、それほど自説に自信がおありでしたら、

経営再建も他人の意見など求めずに、ご自分でお好きなようにおやりになればよいのです!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月20日 (日)

経営におけるセオリーは新興宗教か?

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

成功のセオリー! 

誰でも憧れるものですね。 

そのルールさえ守っていれば、すべてが上手くゆく。

今日の話題は経営で成功するためのセオリーの話題です。 

経営セオリーは新興宗教?

ある野球選手が、守備で素晴らしいファインプレイをしました。

あまりにも素晴らしかったので、この選手のスーパーファインプレイについて、監督に聞きました。

ところが監督がいうことにゃ。

「あれは最悪のプレイだ!」

「ちゃんと定位置で守っていればあんな危険なプレイをしなくてもすんだのに!」 

これは経営に関しても言えることですね! 

などとよく考えもせずに言ってはいけません。 

我々は小さい頃から、何事も基本が大切。

セオリーを学んで、きちっとこなせなければ! 

などと言われて育ってきました。 

たしかにスポーツなどはそうです。

でもそれが単純にそのまま経営にも当てはまるものなのでしょうか? 

ここに1冊の経営理論におけるグルに関する本があります。

様々な経営理論を紹介していて、ある意味経営理論の百科事典のように詳しく解説が書かれています。

過去から最新の経営理論に関するものまで…! 

で、この本の最後に著者の意見として、

今まで紹介してきた理論は、理論としてはどれも一見正しくみえる。

すでに現実に破綻していることが明らかである理論も含めて。 

ただし、どの理論を採るにしても、未来があらかじめわかっていればの話しだが! 

という解説がついていました。

基本とかセオリー、

これを知って使いこなせるようになれば経営がうまくゆく。

この経営学のセオリーのグル(教祖)達の理論はすべてが、

ある意味新興宗教なのでしょうか?

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月19日 (土)

戦略的手帳術!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

システム手帳のどこのセクションが厚いのかによって、そのシステム手帳の持ち主の置かれている立場やその仕事の状況がある程度わかります。

スケジュール表の部分が厚いタイプの方でしたら、人と合うのが仕事の営業職か、それともイヤになるくらいに手持ちの仕事の多いサラリーマンの方だとか…。

過労死がこれだけ話題になっている時代ですからリストラの危機から辛くも生き残った方々は、膨大な仕事量を抱え込んでいるのは当節仕方が無いのかもしれません。

その交通整理をするためのツールが必要なわけです。

ところで、データ的には手帳を今まで使っていた種類から他の種類の手帳に変えた理由として、転職などで仕事内容が変わった場合というのが結構多いようです。

全く同じ手帳では仕事がこなせなくなってくるからなのでしょう。

毎日の管理から、長期的な視点が必要な業務に変わったとか。

それで「超」整理手帳に切り替えたなどいろいろですね。

これらは雑誌などではみんないいほうに変化した事例を挙げています。

では、悪い方の事例はというと、

手帳自体を持つ必要性すらなくなってしまった。

というのが結構あります。

つまり、サラリーマンからブルー・カラーになってしまったとか…! 

物流の倉庫整理とか、車の洗車や工場労働… とかですが。

とにかく自分の机の無い仕事で、現場に出たら人よりも物を体力的に移動させたりですから、手帳を持つこと自体無理なわけです。

必要なのはA4一枚のシフト表ぐらいでしょうし。

この層がどれくらい存在しているかというと… ! 

いや、やめましょう。

暗い話しは気分が暗くなりますし、検索をかければ簡単にデータが採れる話しなので。

それにこの層の方々であっても、意欲的に将来を考えている方々は、現場から離れた瞬間にロッカーに置いてあるフランクリンプランナーなどを手に取り、新しいスキルをゲットするために行動し、計画的に着実に進歩しているわけですから。

ダメなのはリストラされて、意欲すらなくなった方々だけです。

そこで今日の話題です! 

システム手帳はプランニング部分を厚くせよ! 

現状維持はいけません。

このご時世、どんなに儲かっているビジネスを創り上げたとしても2~3年もてばいいところ! 

なにしろ追い詰められた企業が儲かる分野へ参入したくて鵜の目鷹の目ですから。

当然、物凄い勢いで同業者は増えます。

で、常に次の流れを意識的に模索しなければアウトになってしまいます。

そのために必要な情報、データ、プランなどをプランニングのセクションに詰め込んで、次の打ち手を考えていなければならないわけです。

これを時間軸に落とし込むためのスケジュール表も同時に必要になってきます。

今までとは異なり、確認のために手帳を見ることから、プランニングのために手帳上で戦略を練るということに変える必要がありそうです! 

その結果、今までよりも手帳とにらめっこする時間が大幅に増えてくるわけです。

机の前から全く移動しないのなら、何も手帳でなくても大判のバインダーにすればよいわけですが、

完全な事務職でもなければそうもいきません。

まして動きながら考える経営者であれば、外出先でプランの検討や変更に対応できなければなりません。

これはプロジェクト管理とは別の話しです。

まだプロジェクトとして形を持たない段階からのことなので、

発想とか経営計画の策定などになるのでしょうか! 

また書きますが、

ビジネスにセオリー! 

ある意味、これは幻想です。 

勿論、品格とか ―今風に言えば「国家の品格」的ですね― 含めてですが。

これらが大切な事であるのは当然ですが、

それでもあえて言わせていただけるなら…。

要は利益の出ない経営は辞めたほうがよいという事なのです。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月18日 (金)

1週間コンパス

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

システム手帳は、自分の仕事や好みに応じてどのようにでもカスタマイズできるツールです。

この点はフランクリンプランナーであっても同じです。

一応使い方に関してのマニュアルのようなものもあります。

これはこの手帳独自の哲学に基づいているわけなので、フランクリンプランナーの魅力を最大限引き出そうと思ったなら、このマニュアルは非常に参考になるわけですね。

にもかかわらす知人、友人などでも、このマニュアルを無視してかなりカスタマイズして使っています。

特に「1週間コンパス」がそうです。

なので、今回は1週間コンパスの話題です。

1週間コンパス

1週間コンパスを単に1週間の大まかな予定やメモとして使っているというケースが多いようです。

実際にはなかなかマニュアルで設計されているようには、使えないという事なのでしょうか! 

原因は「役割」にあります。

このコンセプトがなかなか難しいらしいのです。

役割を考えることによって、よりはっきりと自分の価値観を発見することが出来ます。

理論的にはそうです! 

勿論、なんとなくというレベルでは記入しておく事もできます。

ところが、なんとなく記入。

これはあまり長くは続かないのですね! 

それでしかたがないから、仕事上の週間リフィル代りになってしまっているようなのです。

役割には、親として、子供として、経理担当者として、経営者として、人事担当者としてなど、様々な役割がありますね。

これには必ずその対象、つまり相手もあるわけです。

誰にとっての役割かとか、その役割に期待されている行動などがあるというのです。

これを素直に実行してみてすぐに気が付くのは、その裏側には人間が存在しているということです。

そしてこれほど難しい問題はありません。

職場のストレスの多くは人間関係にあるというデータもあるくらいですから。

他人はこちらの期待するようには行動してくれません。

コンフリクトする場合が圧倒的に多いのです。

親の期待と自分のやりたい事とか、

会社の方針とそれにどうしても納得できない自分とか…。

トラブルだらけで、現実にはどうにもこうにもどろどろとしていて具合の悪いことが多いのです。

嫌いな人間とは会いたくない。

いやな人間関係は持ちたくない…。

とはいっても切れない人間関係、

つまり、その対象が身内だったりする事もあるわけですし。

で、自分をとおすか相手に合わせて自分をある程度否定するのかという問題を解決するために、目標や中間目標を立てて葛藤が生じている人間関係の改善策を実施してゆこうというわけなのですが…!

でも実際にはそのトラブルの解決を先送りにしたくて、仕事上の事柄だけに限って1週間コンパスを使おうという流れになることが多いようです。

この1週間コンパスは、なかなか上手く使えない! 

自分自身のパーソナリティーもあるし、相手との相性の問題や好き嫌いなどといった根の部分が解消されない!

その帰結として、どこかの役割がアンバランスにならないように配慮するよりも、損得勘定で割り切れる特性をもっているビジネス、仕事だけに限定、

あるいは上手くいっている人間関係の維持だけに限定。

これは仕方が無いのかも知れませんね。

勘定よりも感情のほうがとてつもなく厄介ですから。

よりよい人生の設計という観点から1週間コンパスを活用する方が、単なるメモの代わりや週間リフィルもどきとして使うよりも理屈の上ではよいとはわかっていてもですね…!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月17日 (木)

99%の蓋然性

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

ちょっと気になることがあります!

ところで皆様は占いや占い師の言葉を本当に信用していらっしゃいますか?

「信じていない!」

そうお顔に書いてありますね。

「どうせ占い師の言う事だから」

「なんたって占いだから…!」 

ですね。 

それでいいのです。

信用する必要などありません。

たかが占い師の言葉ですから。

トゥワイライトミステリー的にも占い師の言葉で一番気になるのが、

「占いの結果が悪く出たら!」

といったシチュエーションでの占い師の答え方なのです。

「今のままでゆけば、そうなるというだけです」

「だから、心構えを変えたり、気持ちの持ち方を変えればいいんですよ!」 

とかいうようなセリフをよく聞きませんか? 

ここからも、

「未来は未確定なんだし、どうにでもなるわけだから、占い師自身が自分で占いは当たらないと暴露しているようなものだ!」

という意見も当然に出てくるわけです。 

様々な出来事が起こりうる未来の中での、あるひとつのケースを言っただけにすぎません。

だから、こんなもの当たるわけがないということになるんです。

それでよいのですか?  本当に! 

結局、占ってもらっても何の役にも立たないんですよ? 

でも、多分それでいいんです。 

このセリフは占い師自身がわかった上で言っているのか、教科書的にただなんとなく気分で言っているのかの違いはありますが…。

悪い結果は精神的によくありませんしね! 

わざわざお金を払ってまで気分の悪くなるような言葉を聞く必要など全くありません。 

で、結果は本当にどうにでもなるのでしょうか?

そう簡単にうまくゆくのでしょうか? 

基本的には3つのパターンがあります。 

悪い結果を呼び込みそうな行動をとっているとして、 

 (1)動きの初期の段階なので、軌道修正も十分に可能。 

 (2)動きも中盤になってきているので、選択肢が限られてしまった。 つまり、ちょっとしたミスが命とりになるケース。 

 (3)成功する確率が20%程度に下がってきているので、今のままではそうなるから何か手を打ったほうがよいケース。 

実はこの(3)は言葉のあやです。

20%の成功確率、はっきりいってもう手遅れです。

だから、やわらかな言葉の言いまわし中に、

「もう、諦めちゃったら!」

というメッセージが暗に含まれています。 

というわけですので、これらのケースをごちゃ混ぜにして聞かないようにして下さいね。

何をやっても、駄目なものはダメですから。 

その占いは回避不可能、99%の蓋然性をもって当たってしまいます!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月15日 (火)

ロスト・ワールド(失われた架け橋)

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

ロスト・ワールド(失われた架け橋)

ここにふたつの話しがあります。

ひとつは夢とロマンに満ちあふれた世界です。

古代の人々の持っていた能力が、文明の進歩とともに失われていってしまったという話しです。

たとえば魔術・魔法を使いこなす能力とか、

サイキックに関する能力とか、

実にさまざまな能力が失われていったといわれています。

タロットや易やルーン占いなどもそうです。

人間の脳はそのほんの数%しか使われてはいないともいわれています。

ムー大陸やレムリア大陸とかアトランティス大陸から、ノアの箱舟によって受け継がれてきた貴重なパワーだそうですが…。

もうひとつは、暗く悲惨で退屈な日常を予感させるお話しです。

30代を対象とした、読売新聞社のインターネット調査によれば、

「仕事の将来に不安を感じている」人は82%に上った。

そして「仕事でストレスを感じている」人も82%を占め、

 (1)「収入が増えない」64% 

 (2)会社や業界の将来性、安定性に不安」34%

にも上っています。

所得格差を「現在、感じている」という人も76%にも上っています。

これらの暗い現状を制約条件として、それを打開するために潜在能力の開発を目指すか、潜在能力を開発してそのパワーで明るい未来を切り開こうとするのかは別としても、

このふたつの世界はあまりにもかけ離れています。

こんな社会だからこそスピリチュアルに関するブームも続いているわけです。

どこかで失われた架け橋を渡らなければなりません。

そのためには現実世界と驚異的な潜在的パワーの世界をある程度自由に行き来ができなければならないのです。 

そんな複雑な作業を常に行なうのは負担が強すぎるとお感じでしたら…! 

いい方法がひとつあります。

長い時間、地中の奥深くに封じ込められていたパワー。

つまり、パワー・ストーンをいつでも身近においておくことです。

パワー・ストーンの強力な力は、不運を避け幸運を運び込んでくれます。 

では、どんなパワー・ストーンを選べばよいのかという、

パワー・ストーンの選び方ですが…。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月13日 (日)

3つの鍵

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

今年の夏は猛暑だそうですね。

ラニーニャ現象のせいらしいのですが。

今日の話題です。

3つの鍵

今はすべての状況が悪いのですね。

占術愛好家や占い師の卵にとって、他人の凶運期は最高のプレゼントです。

今までの研究の成果を発表することができるからです。

彼等のご意見のとおり、スクエア、オポジション、セミ・スクエアなど、つまりアスペクトに問題があるのかもしれません。

ここ2~3年は動きのとれない最悪の状況なのは事実なのでしょう。

それでもあえて言わせていただくならば、占術理論や占い師の使う占い専門用語に耳をかすのもほどほどにすべきです。

どんなに凶運期の原因を占い師的に数え上げていっても、現在の悪い状況はもう少し続続くわけですから…!

凶運期の後は運期が上昇運へと転換してゆきます。

大切な事は次にめぐってくるチャンスに乗れるかどうかです。

そのために運命学では、運命の構造分析として3つの鍵をご提供しております。

3つの鍵とは「三才」の事です。

つまり、「天」「人」「地」です。

分析手法がシンプルだからといってその効果を甘くみてはいけません。

何事もシンプルにしておけば、必要以上にストレスを抱え込まなくてもすむからです。

そんなシステムなら、さぞかし価格も高いのだろうと抵抗を感じられるかもしれません。

勿論費用はかかります。

ごく数枚の紙代とボールペン代、それに一杯のコーヒー代が! 

それで逆境から脱出するヒントが得られれば、

これはご納得価格だと思います。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月12日 (土)

ダイスをころがせ!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

やりたくもない事からは撤退すべきです。

最近、自分探しをしたがる人々が増えているようです。

批判の対象としてやり玉にもあがっています。

「自分探しよりもどんなにつまらない仕事でもやらないと!」 

「自分探しは人生の無駄」

という事のようです。

これらの批判は、特に職業選択で迷っている人々を標的にしています。 

なるほど生活費は稼がなければなりません。

でもこの選択はある意味危険でもあります。

そのリスクを承知で選択しているのなら別ですが。

ギャンブルでもそうですが、小さな儲け、つまり安上がりを繰り返してかえって損を拡大させてしまう事もあります。

ここでの戦略として、 

 (1)小さな儲けを狙って堅くゆく。 

 (2)もっとよい局面を狙って待つ。 

どちらがよいと思われますか? 

どちらも有りです。

小さな儲け ―なんとなく堅実そうですが― を重ねてゆく戦略のデメリットは、その努力がなかなか続かないという点にあります。 

単純な話し、その仕事がつまらなく興味も持てないからですけれども…。

気にそぐわない仕事を選択しても、長い目で見れば、いずれ転職という形で人生がより悪い結果に落ち着く事もあるわけです。

好きな事でなければスキルの向上もなく、人生の方向性も定まりにくいのは当たり前の話しです。

「何十年にもわたる人一倍の努力が成功の秘訣」

これは迷信です!

それほど長期間にわたる忍耐と努力。

これは普通の人間のレベルを超えています。

しかも、結果たるや惨憺たるものですね。

いい大学を卒業して、いい会社に勤めたが、リストラされた中高年の話しはよく新聞、雑誌などで紹介されています。

そのあげく、自宅の住宅ローンも支払えずに鉄道自殺をしたとか…。

最近、よく人身事故で電車が止まりますね。

これらは公表されている年間自殺者数の推移をみてもはっきりわかることです。

「夢」を叶えるということに関してたったひとつだけ秘訣があるとしたら、

それは好きなことを仕事にする事です。 

成功する確率は飛躍的にアップします。

手持ちの時間のすべてを好きなことにつぎ込めばですが。

こんな事は好きでなければ出来ません。

一見遠回りのようでも成功への最短距離です。 

ただ、問題もあります。

運悪く、結果的に成功しない事もありえるという点ですが。 

人生の選択ですので、とりあえず収入を得て、どうしてもその仕事が好きになれないなら大胆に進路変更、という手もありそうです。

要はその範囲での選択の組合せですが。

冷たいようですが、すべて結果責任です。

そして、選択のリスクも知っておかなければなりません。

中途半端は後悔のものです。

だから、安上がり戦略を採るか、好きなことに賭けてみるか…! 

一見堅実に見える方向性か、大きく「夢」を狙って積極的にリスクを取ってゆくか。

本当はどちらが成功への最短距離なのでしょうか?

さあ、幸福、不幸へと繋がる人生ゲームのダイスは、今転がり始めようとしています! 

そのすべてを運にまかせて……!

Banner2 Lanqq11_4

不条理と恐怖、不安!

テクノラティプロフィール

おはようございます!  トゥワイライトミステリーです。

今朝は気温も涼しく、青空が広がっていてとてもよい気分ですね。

というわけで、やっとこの時間に起床したわけですが、

サンドイッチとよく冷えたガロのブーンズトロピカルを飲みながらかなり遅めのブランチを取っています。

今日の話題ですが、

重要な仕事はすぐにやめるべきです!

社長のお掃除好き度はかなりのものですね。

なにしろお掃除で会社の経営が良くなった系の本も、過去からいろいろ出ているくらいですから。

新興宗教なのでしょうね! これは。 

この宗教の熱心な信者である経営者は、経営状態が非常に悪化していることが多いようです。

たしかにお掃除で会社が良くなった事例もかなりあるのでしょうけれども! 

知人の会社がこのパターンでした。

営業の業績があがらないため、社員全員が朝1時間早く出社してお掃除。

なにしろ手すりまでみんなで磨くという熱心な信者でした。

あっというまに倒産してしまいましたが…。

人間は理由のわからない不条理にとても弱いところがあります。

業績の下降もそうです。

なんでそうなるのか、どうしてそうなのか、とかの理由がつかなければ納得できないわけです。

その結果、2通りの思考パターンのどちらかへ辿り着くことになるわけですね。 

 (1)分析―納得―有効な対策を打つ。 

 (2)分析―納得―諦める。 

誰でもとりあえず情報を集めて分析する。

まあ、考えてみるわけです。 

そして納得します。

景気が悪いのだからとか…! 

その対策としては、しかたがない来期は頑張ろう! 

根性ですね!

で、新興宗教である 「お掃除教」 の信者さんは、対策として当然の事ながら 「お掃除に励む」 事になります。

全社一丸となってとか筋はとおっています。

たしかにお掃除のゆき届いていない会社さんは調子の悪いことは事実です。

問題は誰がお掃除をやるのかという点ですね。

社員のコストは高いわけですから、お掃除のおばちゃんに頼むよりもコストの高い社員にやらせるというのは…! 

この問題は本質的には経営の生産性が悪い点にあります。

だから、お掃除では業績は向上しませんね。

あくまで、経営の生産性を上げなければならないわけです。

苦しい時には人間は藁にもすがりたくなります。

これはしかたのない事ですが。 

それでもあえて「重要な仕事と思い込んでいる本質的ではない仕事」はカットしなければなりません。 

具体的な対策がないからお掃除なんでしょうけれども。 

お掃除をカットしてしまえば、残るのは恐怖と不安ばかりですが。 

そうなった原因は業績不振の原因として分析した結果を経営者自身が納得した時に、

「これでは業績不振も仕方がないな!」

と妙に悟ってしまったからです。 

だから、誰が改善策を提案しても、

「なにをやっても効果がなく無駄な労力だ」

という反論が経営者から出てくるわけです。

「だめだめ世界の住人」になってしまっていますからね。

でも、やらなければしょうがないんです。

百歩譲って効果がなさそうだとしても、その100%全部について効果がないと証明されたわけではありません。

少なくても恐怖心や不安からお掃除に夢中になるよりはまだましではないかと…!

何かもうちょっとましな事をやらなければ…!

Banner2 Lanqq11_4

不利な戦局!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

ビジネス書というと、以前はたとえば企画ブームだというと企画物が多く、営業本がヒットすれば、「最強のセールス・トークには秘密がある!」的な本が二匹目のどじょう狙いで次々と出版されて、これらの本が書店では平積みになっていました。

もちろん、「最強のセールス・トークには秘密がある!」という本は実際にはありません。

そんなタイトルの似たような本の事ですが! 

最近は起業から、セールス、企画、商品開発、原価計算、プロジェクト・マネジメントなどありとあらゆるジャンルにわたっての本の山ですね。

で、それだけ本を読んで研究しても、実際に手にする収入は減るばかりなのですね! 

皆様会社から肩たたきをされないように必死なわけです。

ところが、現実にはもうポストはありません。

しかたがないから起業となるわけです。

でも、これらの動きは大体凶運期が多いですね。

理由は追い込まれてから動くわけで、本当は自分で積極的に仕掛けたものではないからです。

これは時間管理も同じですね。

「スケジュール表を白く使う」

これは野口教授の哲学でしたね。

つまり、「超」整理手帳の事ですが。

「超」整理法で有名な野口悠紀雄氏の哲学である、

「大事な仕事のために、スケジュール表を白くしておく」

という発想を持てない立場の方々が最近増えてきているわけです。

「本当に大事な仕事があるなら、単に人に合うだけのような仕事は排除しなければならない」

という哲学ですが。 

これを実現させるための障害となっているのは、戦略意識の問題と置かれた立場ですね。

わがままにスケジュールを組む。

これは自分有利な展開を呼び込もうというものです。

相手の都合に合わせる。

勿論これは当然相手有利ですね。

自分の都合を優先できないということは、はじめから不利な状況を押し付けられたということなので、並大抵の事では逆転できないわけです。 

人に使われている場合ではある程度しかたのないところもあります。

でも、起業となると、常に自分有利に陣地を構築しなければなりません!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月10日 (木)

バックアッププラン

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

一時集中的に雨の降りが強いときがありましたが、いまはもう雨もあがっています。 

ところで、今日の話題です。

トラフィック(集客)の時期は終わりました。 

集客する目的は客数を増やすためです。

では、いままでの顧客はどこへ消えたのでしょうか? 

過去の集客の効果が消えたためではありません。 

顧客が企業に対して、そのどこかに不満のある場合というのは意外と多いものです。

顧客は黙って去ってゆきます。

原因は簡単です。

誰が顧客なのか見直す必要があります。 

それでも原因がわからないときにこその集客なのです。

理由はくどくどご説明はいたしません。

経営者が有能な方でしたら、必ずどこかにその原因をみいだすものなのです。

そこで今回、トラフィック(集客)に九星を使ってみました。

離と震ですが。

ポイントはトラフィック(集客)後のバックアッププランです。

とかく日本人はバックアッププランが苦手だと言われています。

離の後、震の後は時期的に要注意なのです。

特に震のあとは変動宮です。

集客しただけ反動減になります。

これは最初から計算に入れておかなければなりません。

事前対策をあらかじめ立案しておかなければ時間切れアウトになります! 

焦ってはいけません!

ゆっくりと十分に考えないと…。

バックアッププランをどうやって立てるか?

それがノウハウというものです。

今回の話題はちょっとだけ、占術家向けでした。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 9日 (水)

占術による集客!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

今日も蒸し暑かったですね。

でも、明日の午後から温度は落ちるらしいですよ! 

予報では、午後から雨らしいのですが。

今日の話題です!

占術によるトラフィック(集客)は、禁止されるべきです。

企業を安定的に運営しようとするならば、これほど無謀なチャレンジというものはありません。

集客には目立つという要素が欠かせません。

たしかに占術には顕現の作用をもたらす気というものがあります。

この気を用いれば驚異的に目立つわけですが。

ところが物事が表面化する作用には、その反面非常な危険性も含んでいます。

商品価格の高さ、購入に当たってのサービスの悪さ、他社と比較してあきらかに落ちる商品性能など…。 

これらのマイナス部分が一気に表面化してくるわけです。

誰でも詐欺師から商品を買ったり、詐欺的商品を売りつけられたくはありません。

だから安定的な経営を考えていらっしゃるのでしたら…! 

占術によるトラフィック(集客)は見合わせるべきです。 

でも、もしも本当に顧客に伝えたい価値のある商品をお持ちでしたら……! 

そういう経営者の方にこそ、占術によるトラフィック(集客)を活用していただきたいものです。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 7日 (月)

無人島から生還した男!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。

山中湖から夕方には都内の自宅へ戻っていたわけですが、

今日はものすごく蒸し暑かったですね。

やっとこの時間になって温度が徐々に下がってきました。

明日もかなり暑いらしいですよ。

ところで、自己実現系、夢実現系、成功哲学などでの 「夢」 というものも、その基本的構造はきわめて単純なものです。 

あるひとりの男が無人島から無事に生還しました。

そこで何が欲しいのか聞いてみようというわけです。

男の答えは、 

「食い物と飲み物が欲しい!」 

「それから新しい着替えも!」 

「それに寝るところがいる!」 

「明日からの仕事も欲しい!」 

「いずれは蓄えも必要になるだろう!」 

「友人も必要だな!」

「それと女だ!」

「それにあと、酒も!」 

…など、夢実現系、成功哲学の「夢」も還元すれば人間の基本的欲求がもとになっています。

では、占い師を訪れる人々は? 

というとこれがそのままそっくり逆のパターンになっていることが多いようです。

これらの何か ―あるいは全部かも知れませんが― を失いかけている時、人は占い師のところへと訪れます。

つまり、トラブルに巻き込まれている! 

だから占い師の中には、鑑定に来た依頼者の悪いオーラというか、邪気をそのまま吸い込んでしまって、気分が悪くなり寝込んでしまう方もいるわけです。

ある意味、トラブル産業なのでしょうか? 

人間、順調、好調なときはなかなか占い師のもとを訪れません。

困った状況でないと神頼み、運頼みはしないというわけなのですね。

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 6日 (日)

軍ジャケでワンランク上の着こなしを!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

連休の最後の日ですね。

皆様はもう自宅へ戻られて、明日からまた元気にお仕事なのでしょうね! 

というわけで、車の渋滞を避けるためトゥワイライトミステリーはもう一日山中湖ですごすわけです。

雨の降りが強かったため、外出はあまりせずにホテル内でリラックス・タイムをとって読書などをしていたのですが、一日外へ出ないのもかえって疲れるので、山中湖畔のペーパームーンでチェリー・パイを食べていました。

雨が降ると気温がぐんぐん落ちてきますので、軍物のジャケットを着込んで冷えないようにしていたわけです。

ところで、最近いろいろなブランドが軍ジャケを出しているのですが、合わせるパンツというとこれが意外に難しいんですね! 

デニムではまんま軍物となってしまい、ファッション・センスの無さをさらけ出してしまいます。 

で、トゥワライトミステリーは、パンツはヒューゴ・ボスの黒で合わせました。 

というところで、明日は帰ります。

明日は気温がかなり高めらしいですね。

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 5日 (土)

山中湖 キャンティ・コモ!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

明日は雨のようなので、午前中をテニスを楽しむ時間にしていました。

昼食はイタリアンの「キャンティ・コモ」。

テラスから先に山中湖が広がっていて、雰囲気のとてもよいところですよ!

そして午後からは、山中湖周辺を散策してエクシブ山中湖にもどってゆっくりしていたのです。

山中湖周辺には高級別荘地があるのですが、このあたりを散策するととても落ち着いたよい気分になれますね。

そうそう、「キャンティ・コモ」はサラダにかける自家製ドレッシングが美味いですよ。

道路が混んでいなければ、すぐ近くの忍野八海で手打ち蕎麦を食べたいところですが、これはまたの機会としました。

忍野八海は富士山の伏流水が湧き出していますので、その名水で打った手打ち蕎麦は有名です。 

雨の日は雨の日の楽しみ方がありますので、明日を楽しみに…。 

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 4日 (金)

ほろほろ鳥の料理!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

御殿場まで下ってきて、ちょっと寄り道。 

御殿場の近くにほろほろ鳥の料理が食べられる店があるのです。

というわけで、昼食はほろほろ鳥なのです! 

御殿場アウトレットのせいで道路が渋滞しますので、いろいろと寄り道をしなければなりません。

山中湖へは夕方に到着しました。

春夏秋冬とすべてのシーズン、数え切れないくらいここへは来ていますが、富士五湖の中でも山中湖はお気に入りなのですね。

湖畔付近には、ホームメイドケーキと紅茶の美味しい「ペーバームーン」やママの森にある「たむら亭」 ―ここは、富士山の眺望がとてもよいのです― とかいろいろとよいお店もありますし!

ところで、エクシブ山中湖はこれまで利用する事は無かったのです。

エクシブで一番よく行くのはエクシブ軽井沢ですね。

ロビーでハーブ・ティーなど飲んでゆっくりする時間が好きなんです。

山中湖は近すぎます! 

泊るまでもなく、たっぷりと遊んでも夜には帰れてしまう距離ですから。

で、今回は山中湖でゆっくりと散策と読書をしようというわけです。

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 3日 (木)

仙石原 ホテル大箱根!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

今日はよく晴れていて、富士山がとても綺麗でしたね。 

新緑の鮮やかさに目を奪われているうちに、日は暮れて気温がどんどん落ちてきました。

日中の車のざわめきも一段落、静けさが芦ノ湖の湖面に満ちてきています。 

今日の午後は仙石原の湿生花園をちらっとのぞいて、そのあたりの別荘地などを散策、そしてプリンスのホテル大箱根でティー・タイムをとっていました。

こんな感じがトゥワイライトミステリーのいつものコースです。

ホテル大箱根は入ってすぐにラウンジとなっていて、となりが大箱根カントリークラブなので開放感いっぱいの眺めを楽しめます。

箱根のドライブに、

「ちょっと疲れたな!」

と思ったとき、ホテル大箱根はお勧めです。

明日は山中湖へ移動する予定です。

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 2日 (水)

箱根 強羅花壇!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

朝のうちは昨日の雨が残っていましたが、曇りから晴れへと変化してゆき、午後3時頃には晴れとなりました。

そこで、仙石原にある大涌谷によったり、強羅をまわったりして楽しんでいたわけですが、

白く流れる雲と限りなく透明な青空や輝くばかりの緑、そして地肌のむき出しになっている大涌谷の荒涼感、

この季節の箱根は見所も多く本当に良いものですね。

今回は寄らなかったのですが、強羅花壇は宿泊してもよく、料理も美味しいので、

ぜひお暇があったらお寄りになることをお勧めします。

これから「アーサー王のタロット」でいろいろと楽しもうというところです!

この「アーサー王のタロット」は、何年か前に神戸にある木星王の「魔女の家」より取り寄せたものなのですね。

普通のタロットとは異なり、独特の絵や色彩、逆位置を採らないなどの特徴があり、初心者には使いづらいものですが、

妙なインスピレーションが湧いてくる不思議なカードです。

明日は、昨日と今日が平日でしたので、休みも取れずに仕事に出られた方も多く、どっとおしよせてくると思われますので、のんびりと箱根を散策する予定です。

では、また!

Banner2 Lanqq11_4

2007年5月 1日 (火)

小田急 山のホテルにて!

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

やはり雨になってしまいました。

雨もなんとなくよいものですよ! 

深い森の香りが立ち昇っていて…。 

今日は読書の日にしていましたので、持ってきたレイモンド・チャンドラー(村上 春樹訳)の 「ロング・グッドバイ」 を読んでいました。 

午後からは同じ芦ノ湖の湖畔で、すぐ近くにある小田急 「山のホテル」のティー・ルームで紅茶とスイーツのリラックス・タイムにしていました。

この「山のホテル」はどちらかというと緑に囲まれた感じで、しっとりとした落ち着きのあるホテルなのでトゥワイライトミステリーのお気に入りのひとつなのですね。

芦ノ湖がよく見えて開放感があるホテルも好きなのですが、森のなかっぽいホテルも大好きです。

それに4月27日から5月20日まで 「つづじ・しゃくなげフェア」 も開催していますので、お暇があったらぜひ見にいらっしゃるといいですよ! 

というわけで、 また、次回に!

Banner2 Lanqq11_4

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31