無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 位相空間における系・システムのふるまい | トップページ | 認知心理学 »

2007年4月20日 (金)

5つの条件

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

「この世で生じる幸不幸は、すべて選択の結果である」

とかいわれていますが。

この場合、キーワードは「選択」ということですね。 

自分の選択であって他人の選択ではないので、結果が悪くても他人のせいにしてその他人を責めることは出来ないわけです。

この選択には基準というものがあるんですが! 

この基準はほとんどの場合、無意識の中にあります。

だから、間違った思い込みも多く、失敗の原因にもなるわけです。

「お馬鹿が起業して、地獄へ落ちた!」 系の本にも、商売の経験の全くないサラリーマンが退職金をはたいて起業して失敗したケースが沢山紹介されていますね。

これは最悪の事態だそうです。

一生働いたお金をすってしまったわけですから。

その挽回のために、もう一生働くという人生の延長戦ができない以上!

しかも多額の借財が残ってしまっていますよね! 

一生分の労働の対価を投入するわけなので、もっと慎重に「選択」する必要があるらしいのですね。

といってしまえば、

「そうか! 気をつけなければ…!」

で終わってしまいますね。

いったいなにをどう気をつければよいのでしょうか? 

ここまででは具体的なものは何も出てきません。 

やはり工夫が必要になるわけです。 

この工夫も出来ないのならば、仮に起業して逆境に立たされても現実には何もできません。

なんの方法論も持ち合わせていないわけですから。

焦って、「今」起業しなければいけないとか言って走り回っている人がいますが。

何故 「今」 なのか本当のところよくわかりません。

起業には条件があります。

この条件は人によって異なるので、自分で考えなければなりません。

ノウハウ本の丸パクリではどうしようもないわけです。

仮に十分に考えた結果が5つの条件に絞られたとしたら、 ―勿論、「事業に適したタイミングが必要であること」という条件も入っているとした場合ですが― その中の「適切なタイミング」という条件だけが揃っていなくて、チャンス待ちの状態だった。 

で、たまたま「適切なタイミング」という条件が揃ってきた!

というなら「今」は正解でしょうね。

でも、5つの条件のうち1~2の条件しか整っていなくての「今」は、 ―もうしわけないのですが― これはギャンブルです! 

おそらく「お馬鹿が起業して、地獄へ落ちた!」系の本どおりの結果になるのでしょう。

なので、工夫が必要になるわけです。 

これは「5つの条件」 ―別に5つでなくてもかまわないわけですが― をいかにして考えだすか。 

という問題ですね。

Banner2 Lanqq11_4

« 位相空間における系・システムのふるまい | トップページ | 認知心理学 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6159887

この記事へのトラックバック一覧です: 5つの条件:

« 位相空間における系・システムのふるまい | トップページ | 認知心理学 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31