無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« カール・グスタフ・ユング | トップページ | 暇、暇、暇!! »

2007年4月24日 (火)

暗黙知

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

高度な経営判断は「暗黙知」ですね。

つまり、直感といってもよいわけなのですが、

この手の判断は説明出来ないところが多く、他人はなかなか信用しようとはしないわけですね。

人との関わりの中では必ず説明が必要となります。

天才的経営者の判断も実績があってのものなのですが、新しいプランや路線変更ともなると周囲や下の者から影で強烈な批判を受けることになります。

だから、経営者からすれば異論があるなら会議などで発言すべきだし、自信があるのなら率先して手を挙げて

「私にやらせてください!」

と言うのが当然ではないかという話しにもなるわけですね。

でも、会議などでは誰一人

「私がやります!」

という者はいません。

誰も責任を取る気は無いのが普通でしょう! 

経営者の説明不足を指摘する向きもありますが、所詮方向性に関しては意見が対立してしまい、まとまるはずもあり得ませんね。

人は理屈でわかる範囲の事までしか納得しません。

結果がどうあれ、他人や自分自身に対する説明が必要となるわけです。

他人との間でもそうですが、これが自分の気持ちという問題でも同じ事ですね。

たとえば、株式投資とかFXとか。 

相場の急落によって損が発生! 

どうしますか? 

自動売買のように、25%下げれば機械的に処分する。 

ということはなかなか出来ないものですね。 

下げの理由を捜し求めることになるのが普通でしょう。 

で、その間も手持ちの資産は下落をし続けるわけですね。 

そうなると、ふたたび上昇するという理屈を強引に捜すことになるわけです。

この裏には株式投資やFXで儲からないのは、

 (1)知識が不足している。 

 (2)情報量が不足している。 

という思い込みがあって、その解決策として知識を学び、雑誌や新聞を必死になって読み漁るわけです。

なにか自分が今までに知らなかった情報はないだろうかと、情報不足に対する無意識的な不安に常に駆られてしまうものなのです。

焦るわけですね!

でも、いくら知識を学んでも情報を収集しても、所詮普通の人間が株で優雅な生活! 

とはゆかないのが現実です。 

不足しているのは直感を働かせることなのですが、

直感は理屈抜きなので、その答えに不安を覚え当たりもしない理屈に逆戻りしてしまうわけです。 

占い師の答えも同じです。

仮に過去95%当たっていたとしてもこれを信用する事はなく、実際には95%外れている理屈のほうに気持ちが持っていかれてしまいます。 

人間の性でしょうか! 

納得できるのは自分の知識の範囲から出ないものに限るわけです。 

だから、時代が変わり経営環境が変化しても、その変化についてゆくことの出来ない人々が大部分なわけですね。

いくら過去の成功体験を捨てろ! 

と叫んでも誰もこれらから離れようとはしないわけです。

Banner2 Lanqq11_4

« カール・グスタフ・ユング | トップページ | 暇、暇、暇!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6201412

この記事へのトラックバック一覧です: 暗黙知:

« カール・グスタフ・ユング | トップページ | 暇、暇、暇!! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31