無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 下降運 | トップページ | 暗黙知 »

2007年4月23日 (月)

カール・グスタフ・ユング

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

4月ももうそろそろ終わろうとしています。 

いよいよお楽しみの5月の連休ですね! 

皆様は海外旅行などご計画でしょうか? 

ところで占術で物事をみるということは、これでなかなか面倒なものでしてね。 

様々な手法やその手法に対する制約条件がついていたりして。

経営というもの自体が、経営者ご本人の哲学とかなんだかがあって、はたでみていれば非常にまずい状況でも信念を変えないわけです。

とすると、占い師は様々な選択肢を提供して経営者の意思決定に預けるわけですが、お勧めの選択肢自体を経営者が嫌うということもあるわけです。 

マジックで何枚かのカードを心理テクニックを使って、さも観客が選んだようにみせるテクニックというものがあるのはご存知ですね。

この場合、マジシャンにとって引いて欲しいカードを選ばせるだけで行動としては完結されているわけです。

が、こと経営になると、そうもゆきません。

仮に数ある選択肢のうちのひとつを選ばせることに成功したとしても、その行為がこれから先へ続く行動の出発点でもあるからなのです。

カール・グスタフ・ユングの原型論ではありませんが、旅の途中必ず困難に遭遇することになっています。

それを乗り越えられるかどうかは、経営者の資質でもあるわけですね。 

なので、はっきり言って見込みの無い経営者にかかずりあって時間を無駄にしたいと思う占い師はひとりもいません。 

お好きなように、どうぞ! 

と言う感じなのですが…! 

つまり、結果はみえていたとしても経営者が納得しない以上どのような手段もなんの意味も持ち得ないわけです。 

要するに、局面として何らかの原因で経営状態が悪化しているのなら現在の打ち手を疑わなければならないわけですが。 

ところが、意識的に吸収・学習した思考パターンでは進路変更は朝礼暮改のたぐいだからやるべきでない。

というぐあいに思考パターンが現状とコンフリクト(衝突)を起こしてしまうわけです。

経営者は本当に孤独ですね! 

メンタルケアが必要ですね。

でも、これが自信の持てない経営者の考えているところを後ろから後押ししてあげるだけならば、結局のところ悪い結果を助長するだけなのですね。

ここがカウンセリングと結果がすべての経営の違いなわけですが!

Banner2 Lanqq11_4

« 下降運 | トップページ | 暗黙知 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/6189902

この記事へのトラックバック一覧です: カール・グスタフ・ユング:

« 下降運 | トップページ | 暗黙知 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31