無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 夢実現のためのマインドマップ | トップページ | 魅力的な目標とは! »

2007年3月26日 (月)

タロット的「夢カード」

テクノラティプロフィール

今晩は! トゥワイライトミステリーです。 

「知識は力なり」と言われていますが、逆説的に言えば、力になった知識だけが「力」となるわけです。 

マインドマップも、そのひとつです。

活用できてこそのマインドマップです。

ここで、右脳、左脳、顕在意識、潜在意識、無意識層など様々に言われているところのものについてですが、 

「象徴」と「言葉」の関係から見てみると、

「象徴」から「言葉」へという方向と、

「言葉」から「象徴」という方向へという、

二つの流れがあるわけですね。

マインドマップは無意識層から掬い上げてきたイメージを「言葉」として出してきたものなので、その言葉の背景には豊富なイメージの存在があるわけです。

だから、繋がらないイメージ、ステップの抜け落ちているイメージもあります。

イメージ自体が反発してしまうケースもあります。

ですから、様々に展開された「言葉」が含んでいるイメージを、全体として統合させなければなりません。

単なる言葉遊びではないのですね。

そして、各ステップが順調に連続して働いていくのかを検証しなければならないのですが、

これはある種のイメージ操作でもあるわけです。

だから、イメージを膨らませる時間も必要になってきます。

このイメージの孵化期間に意識の流れの方向性が妙な具合に反れてゆかないか、チェックするツールとして「夢カード」をも使います。

もうひとつは、人間は細部に入り込んでしまえば簡単に全体展望を失ってしまい、迷路、ラビリンスに陥ってしまいますね! 

これも防止しなければなりません。

「全体と細部」、

つまり「夢カード」上のマインドマップは数枚あってもよいわけです。

たとえば、ちょっと仕事が行き詰まったとして、その原因をマインドマップ上で展開します。

そして曖昧なところを、更に細分化して展開して、「夢カード」としてストックしておきます。

アイデアはいつ浮かんでくるかわかりません。 

気分転換に 「夢カード」を眺めて、なにかイメージに変化が起きるまで待ってみましょう! 

きっとよい発見が…!

何故 「夢カード」なのかは、トゥワイライトミステリーが占術師なので、カード感覚、タロット感覚が他の人よりも好きなのかもしれませんが!

Banner2 Lanqq11_4

« 夢実現のためのマインドマップ | トップページ | 魅力的な目標とは! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/5825439

この記事へのトラックバック一覧です: タロット的「夢カード」:

« 夢実現のためのマインドマップ | トップページ | 魅力的な目標とは! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31