無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 運に見放された人々! | トップページ | 寒い一日は、コアントロー・ショコラ! »

2007年2月 8日 (木)

嵐の海からの脱出!

テクノラティプロフィール

今日は! 青色を基調にした明るい日差しの海沿いのカフェで、潮風に吹かれながら新しいゲームのプランを考えているトゥワイライトミステリーです。

水平線の彼方へと真っ青に続いている広大な大海原へ向けて航海に乗り出し、途中で強烈なハリケーンに見舞われた大型クルーザーの船長にとって、なんとか近くの港へ向けて進路を変えてゆく作業をするというのは並大抵ではありません。

極度の緊張と疲労の中で、完全に冷静沈着な行動を取るようにと要求するのは酷というものでしょう。

状況判断が難しい局面に突入しているわけですから! 

つまり、逆境の時ほどその判断が難しいのです。 

上昇運の時は、チャンスに向かって「あと一歩」を狙って前進してゆけばよいのですが、

下降運の時は現在よりも下降しないようにと、細心の注意を払わなければならないのです。

どちらが難しいかは人によって違いますが、一般的には下降運の時の方が経営判断を間違えやすいようです。

トラブルが次々と襲ってきますし、企業の方向感覚は、いまだに上昇運の時代を憶えているわけですから!

この局面での経営者の判断は、大抵後手後手に廻ってしまいます。

つまり、「今そこにある危機」 に対する感覚が、かなり麻痺していると思ったほうがよいでしょう。 

特に強気、楽観的なタイプほど、ポジティブシンキングの罠に陥ります。

上昇運に乗っている時のポジティブシンキングは ―あまりにも過ぎた逸脱が無い限り― 問題はありません。

この場合は、ポジティブシンキングから推進力を得ているわけなのですから! 

ところが、逆運の時期のポジティブシンキングとなると、もっと細心の注意が必要になります。 

下降運の場合のポジティブシンキングの役割というのは、

 (1)物事がそれよりも下には落ちないという歯止めを掛ける事。

 (2)上昇運のきっかけを、どこかで掴むための「チャンスの見張り」のため。

にあるからです。 

つまり、それ以上落ちないようにしながら、チャンスを狙ってゆくのです!

でも、先行きの方向性をポジティブに受け止めることは良いことですね。

悲観論の中からは何も生まれては来ません。

この局面でやってはいけない事、それは見通しの分析自体をポジティブに受け止め過ぎるという事ですね。

下降運です! 様々な問題が山のように積み上げられて来ているわけです。

「上手くゆくんだ!」 と安易に信じる事よりも、どこかにこの流れを転換できる隙間が必ずあるはずだ! と信じる方が大切です。

この違いは微妙ですが…。

企業がリストラを図る場合、人員削減が10%必要という判断なら、実際には20%は必要になるでしょう。 売上が5%ダウンなら、実際には15%くらいは落ち込みます! 

そして、じりじりと目標数値を下方へと修正してゆかなければならない状況に追い込まれてしまうでしょう。 

だからこそ、 

 (1)運期が衰運に向かって下降し始めたならば、その動きに加速が付く前に先手を打つ。 

 (2)不幸にして下降運に乗ってしまったのならば、その底がどの辺りになるのかを冷静に客観的に予測する。

という感覚が必要になってくるわけですね。

九星気学では、中宮で全ての宮をコントロールしているので、その各宮とのバランスを上手に取る必要があります。

そして、運気を補強するための手段を先天盤、後天盤などを駆使して、観てゆかなければならないのです。

何事においても、落ち着いて焦らないことです!

Banner2 Lanqq11_4

« 運に見放された人々! | トップページ | 寒い一日は、コアントロー・ショコラ! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/5262303

この記事へのトラックバック一覧です: 嵐の海からの脱出!:

« 運に見放された人々! | トップページ | 寒い一日は、コアントロー・ショコラ! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31