無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 成功できないタイプですか? | トップページ | 九星気学(スーパーノヴァ) »

2007年1月21日 (日)

誰が予知するのでしょうか?

誰が予知情報を読むのがよいのでしょうか? 

勿論、これはその事情を一番よく知っているご本人ですね。

予知情報は象徴、イメージとして無意識から流れ込んできます。

そして、これは正しく解釈されなければ意味を持ちません。

ここに予知に関しての大きな問題があります。

白い紙の上に縦に1本の線を引きます。

プレシャーのレベルによって、上は高い、下は低いとしますね。

予知情報はハイアーセルフから、無意識を通して流れ込んでくるわけでしたね。

ところが、この予知情報はプレッシャーによって簡単にブロックされてしまいます。

占いをやられた方は、ご経験があると思いますが、悪いイメージが浮かんでくると事態を次々と悪い方向へと考えてしまいますね!

心配、恐れなど、プレッシャーのもとにあるものは、感情ですね。

その他にも、予知をブロックするものとしては、認知心理学的に言っても、表層意識の先入観などがあるわけです。

このブロック機能が働くために、予知は当たらなくなります。

そのため予知の働く有効性の限界を知っておかなければならないわけですね! 

感情、気分などのレベルによってチェックするポイントをいくつか考えておいた方がよいわけです。

そしてテストとしての占いをやってみれば、当たり外れによって予知の働く領域がわかってくるのです。

だから、

「当たらないものは占わない」 

これが大切ですね。

予知の働く領域を超えてしまった場合には、実はサイキック、全く働いていません!

どの程度でブロックされるのかという、そのレベルは知っておくべきですね。

そしてコントロールの効く状態を、出来るだけ保つようにしなければなりません。

よくトレーニングの重要性を強調される方がいらっしゃいますが、そのモニターとして占うわけですので、トレーニングによってサイキックの能力を伸ばそうというわけではありません。

正しく機能する状態を知っておくという事が狙いです。

サイキックの能力を伸ばすという事も、よい事ではあります。

ですが、ブロックを出来るだけ取り除く方が効率はよいのかと…。

ところで、娯楽的な占いを数多く的中させたからと言っても、これは練習試合には強いが、トーナメントとなると全く勝てないテニス・プレーヤーのようなものですね。

練習試合にはプレッシャー、 あまり無いですから! 

それでも、最初は何でも占うというのはよい事です。

ただ、コントロールを考え始める時期にきたら、当たりそうな状況なのか、外れそうな状況なのかをチェックしておくほうがベターでしょうね!

で、サイキックの有効性の限界を超えると思われるケースならば、迷わず占術を使うべきです。

ちょっと補足ですが、ここでいう占いとは、タロットなどサイキック系の占いの事です。

そして、占術とは、九星気学などのシステムを持っている占いの事ですが…。

« 成功できないタイプですか? | トップページ | 九星気学(スーパーノヴァ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/5022372

この記事へのトラックバック一覧です: 誰が予知するのでしょうか?:

« 成功できないタイプですか? | トップページ | 九星気学(スーパーノヴァ) »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31