無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 経営者の信念(夢は叶う) | トップページ | コールド・リーディングはやめてくださいね! »

2006年12月20日 (水)

九つの宮

宮というのは、とっても分かりづらい概念なんですね。

これが分かれば、九星気学についてはかなり使える占い師だといっても過言ではありません。

で、いきなり今回ここで宮の説明を始めても、そんなものか! で終わってしまいますね。多分100%。

このブログは、占いに興味を持っている方だけでなく、意外と本職の占い師さんが読んでいるんですよ! 

トゥワイライトミステリーがサイキックだからかも知れませんが。

何を書いているのかチェックしてみよう、といったところのようです。

そこでちょっと書いておいたほうがいいと思いましたので。

なので、今回から少し別の観点からの話しですが、とても大切な話しを間に入れていきます。

読者の皆様の中には、占い師になりたいんですけど… どうしたらいいんでしょうか? というお気持ちを持たれている方々もいらっしゃるようなので、その点についてちょっと書かせていただきます。

これについては、

(1)       占いが出来ること。

(2)       占い師で生計をたてること。

 

というふたつの問題がありますよね。

(2)   の占い師で生計をたてる事については、またの機会という事にして、

(1)の占い師としての実力をつけるには…、という事についてお話ししましう。

 

占いの知識を得るためには

(1)   本から。

(2)   通信教育から。

(3)   カルチャー・センターに通う。

(4)   占い師に師事する。

とかの方法がありますよね!

お勧めは通信教育がいいんだろうな! と思います。 実際に受けた事がないので、本当に、本当? と聞かれても、本当に、本当って言い切ることはできませんけれども、他の通信教育なんかの、たとえばハーブ・コーディネーターなどいくつかの通信ものを受講しましてみましたが、とても丁寧で親切な教材が付いてくるんですよね。

これって割といいんです。 だから、占いの通信教育もよさげな感じがします。

カルチャーは、底が浅いのが難ですし、占い師に師事するなんて、とても無理でしょう?

だから勧められないわけです。

(1)   本から、と言うと、実は本の中身って何もないんですよね。

書店で九星気学の本を数冊買い込んでも、みんなお互いそれぞれ他の本をパクリ合っているんじゃないかと思えるほど一卵性双生児なんです。 これが!

でも、一応買っておきましょう。 解説はともかく、九星の象意など辞書がわりになりますから。 必需品でもありますし、役にも立ちます。

ただ、内容は無いですよ。 どの本も何故か!

だから、九星気学の本を何冊も買い集めても、占い師にはなれないわけですけれどもね。

あるのは外側だけで、中身はすべてロックされている。 

見せようとしないんですよ。

ここのところの事情のわからない方が読んでも、占い本って、内容何も無いんだなあ! と思われるかも知れませんね。

それぐらい知識(秘伝だかなんだか)の流出に関しては、警戒心を持っているようなんです。

でも、ここのところがわからなければ、九星気学の世界への扉は開かれず、その中には絶対に入れない仕組みになっているんですけれどもね。

で、このブログでは、そのためのヒントを少しずつお出ししようというわけなんです。

このブログ、他の占い師さんも読んでいますからね。

といっても、手っ取り早く、簡単に、九星とその運行の知識だけが欲しいのなら、このブログを読むよりも、書店で九星気学の本を1冊、買ったほうが早いですよ。 後は、ご自身でなんとかして下さい。

それはそれとして、内側を出さないのが占いの本です。

これは九星気学だけでなく、易や淵海子平、紫微斗数などでも全く同じ構造です。

これでは折角、占い本を買った人もがっかりで、逆に変な先入観を持ってしまいますよね。

このタイプの本は占い否定派の人達にとっては、自説を補強するための宝の山でもあります。

構造が少し違うのはタロット、西洋占星術関係でしょうか。 かなり癖のある個性的な本が出ています。 

少し事情が異なるわけですよ。

占い師ではなく占星術研究家などという方々が書いている本がわりと出版されている事と、西洋占星術では、ユング派心理学への流れがかなりありますので。

少しずつヒントを出しますので、ちょっと待っていて下さいね。

 

では、また次回にお目にかかりましょう。

« 経営者の信念(夢は叶う) | トップページ | コールド・リーディングはやめてくださいね! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/4619297

この記事へのトラックバック一覧です: 九つの宮:

« 経営者の信念(夢は叶う) | トップページ | コールド・リーディングはやめてくださいね! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31