無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 九星気学(震宮) | トップページ | 九星気学(中宮) »

2006年12月27日 (水)

九星気学(巽宮)

巽宮は、物事が斉って、完成するという宮です。

世間、世話、信用、商売や、風の意もあります。

また、遠方、旅行とか住所変更や、縁、評判もそうですね。

震宮で上昇してきたエネルギーが安定へと向かうわけです。

象意については、この程度にしましょう。

ここで押さえておかなければならないポイントというのは、

今は、会社の業績が伸びている時期なのか、安定してきている時期なのかを、見極める事。

つまり、安定というのは、それぞれのファクターがあるべき状態に調ってきているということなんですよ! 

だから、「それ以上の動きは、もう無い」と見るべきなんです!

良く言うなら、無駄な動きがなくなってきた。

洗練されてきた!

ちょっと角度を変えてみるならば、もう、「伸びるという状態」が、止まってきている事なんです。

ただ、頂点ではないですよ! 

だから、当然もう一段高があります。

そして落ちてゆきます。

勿論、天井付近は波乱含み。乱高下が激しいですよ。

経営者が一番判断を間違えやすいところでもあります。

蓄積されている資金力が不足しているのに、ほとんどが借入金でもって自社ビルを建てようと思ってはいけません。

潰れます! 

ここにきての、在庫の積み増しは止めて下さい。 

倒産します!

新しいプロジェクト?

無理でしょう!

お気持ちは十分にわかりますよ。

「やってみてから、後は努力して、より一層業績を拡大して乗り越える。」

ただ、これがギャンブルであるならば、もうそろそろ勝ち逃げを考える時期ですよね。

勝ち逃げっていうのは、物凄く難しいですよね。

だから、ほとんどの経営者は必ずと言ってよいほど、拡大路線をまっしぐらに走り続けます。

借入金でね!

その結果、会社を危険な状態に追い込んでしまうわけです。

お定まりのコース。

よくある話しです。

会社の業績の伸びる時期というものは、どこかがアンバランスなんですね。

そして、そのアンバランスに伸びている部分で、全体が引っ張られていくという構造になっています。

社内が猛烈に活気付いている状態でもありますね。

それが安定してくると、急に静かになってきます。 

つまり、安定してきたならば、社内を整備する時期だということなんですよ!

もう、冒険は止めるべきです。

マネジメント重視に、戦略を転換しましょう!

次回は、いよいよ中宮の説明に入ります。

では、また次回にお会いしましょう。

« 九星気学(震宮) | トップページ | 九星気学(中宮) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/4700486

この記事へのトラックバック一覧です: 九星気学(巽宮):

« 九星気学(震宮) | トップページ | 九星気学(中宮) »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31