無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« まずは運期の調査から! | トップページ | 九つの宮 »

2006年12月17日 (日)

経営者の信念(夢は叶う)

たとえば、車でもそうですが、全く同じ車でレースに出場しても、技量の差が出るわけですよね!

コースの読みとか、路面の状況判断だとか。勿論、一般公道を走っていても同じ事ですが。

その車自体のスペックは、九星で見るわけです。

九星としては、一白、二黒、三碧、四緑、五黄、六白、七赤、八白、九紫の9種類です。

これを知れば、その経営者の運命特性がわかります。

月命、その他複雑な読み方の絡みもありますが、ここではパスしておきましょう。 

そこで次の作業としては、その九星が、今どんな流れを辿っているのかを知る必要がありますね。

これを知るには、その時点で本命星が九宮のどの位置に在るのかがわかれば、その宮の性質、種類で判断出来ます。

これも年盤、月盤、日盤、時盤とありますが、ここでは年盤だけをマークしましょう。

そこには、運期、つまり運の変動には一定のパターンがあるという哲学が前提にあります。

そんなものは無い、すべてランダムだ。 とのお考えなら、運命学はやらない方がよいでしょう。 時間の無駄です!

最初から見解が相違しているわけですから、方向性も全く合いません。

どうぞ、出たとこ勝負、ギャンブル的発想で、ご自由におやり下さい。

ちょっと説明しますと、我々の世界はアインシュタインの相対性理論的には、3次元の世界ですよね!

それに時間をプラスすると4次元になるわけです。 我々は、毎年毎年と生活してきますと、ある種の気づきの得られることが多いわけですよね!

それを未来予測に活用しようという大胆な事をやろうというわけです。

過去9年、振り返ってみれば、全ての年がフラット(平坦)だったわけではありませんよね。 何らかのパターンが感じられませんか?

だから、4次元的に考えると、9年という時間軸の中に、ある種の次元的立体構造を持っているのではないか? という哲学が前提として必要になります。

9年間を振り返っても、何にも繋がりは見られないと実感されているのなら、その世界観、哲学で自信を持って押してゆかれたほうがよいのです。

その考え方に立つと、来年の運勢からの影響もあり得ないし、まして数年後などにもなんのパターンもあり得ない。つまり、全く予測不可能であることになります。

これは、過去も同じで、そこには何のパターンもなかったわけですから、過去の傾向を将来の参考にして策を立てるなど、実に馬鹿げた発想である。という帰結になります。

その結果として、未来は自分で創るものだという結論となります。

世間の成功者は大抵、そんな風に言っていますよね! 夢を持て、夢は叶う!

でも、それは世間向けであって、実はタネや仕掛けがあり本当の成功要因は(裏の話し)全然違うんだと主張している正直な方もいらっしゃいますよね。

そこで、金持ちは腹黒いという偏見が、成功できなかった人々の間に根強くあるわけです。

ご自分には未来を自由に創るパワーもあるし、成功してもきているというなら、その哲学を信念の柱にすべきです。 何も占いなど知る必要もない事です。

最初にご自分が成功を手に入れ始めているのか、夢のまた夢、実際には不可能だと思っていらっしゃるのかを考えておくべきです。 正攻法で不可能なら、常識的な方法以外の手段が必要なのかもしれません。

どちらを選択してもいいんですよ! 人間、好きに自由に生きたいでしょ?

だから、これはこれでありなんです!

何事もご自分の判断に自信が持てなければ、腰の据わった生き方はできませんから。

大切な事は、御自身が依って立たれる哲学を確立しておくという事です。

これがグラついてしまうなら、その時その時で後手後手の対応となってしまって、成果も出ないし、仮に失敗しても、仕方が無いといった諦め(諦観)も持てないからです。

これでは、次に活かせる気づきは何にも無いじゃないですか!

しょうがないでしょ? 人間なんだから! 失敗する事もあるのは当然です。

経営は所詮、結果責任ですから。 それがいやなら経営することを辞めるべきです!

もしも、今の経営判断の結果や、その影響が重すぎて、なんとか将来の予測が欲しいというのだったら、そういう方だけが運命学を活用すればいいだけですよね。 全く強制はいたしません。

運命学については肯定派でも、否定派でもありません。 要は、結果さえ出ればよいのですから。

 

次回は勢い、つまり宮の話しになります。

« まずは運期の調査から! | トップページ | 九つの宮 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/4581580

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者の信念(夢は叶う):

« まずは運期の調査から! | トップページ | 九つの宮 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31