無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 東洋哲学的 | トップページ | まずは運期の調査から! »

2006年12月15日 (金)

経営運ってどうやってみますか?

そんなときには、どうしたらいいのでしょうか?

ここで簡単にイメージを説明しておきます。 今いるところから、ひとつ山を越えた村まで車で行くとしましょう。 経営課題は、ひとつ山を越えた村へ行くことですね。

ここで、道路地図が必要になるでしょう? これが合理的意思決定基準です。

だから、経営者はその地図の入手に懸命になるわけです。 

ところが実際には、地図だけでは辿り着くことはできないですよね。

その車がよく整備されていないと途中で故障してしまうかも知れませんね。

そして、ガソリンが充分に入っていなければ、ガソリン切れを起こしてしまいます。

経営課題をここで云々するつもりはありません。

そして、うまく運転していったとしても途中の道路状況や天候などに左右されますよね。

車で気象条件というのも変ですが、そんなイメージだと思っていただければいいのかな! と思います。

この車自体の事が知りたければ、九星気学が有効です。 先天運のようなものとイメージしていただければ、わかりやすいかも知れませんね。

外部環境条件は、様々な運気の波の干渉作用によって生じてくるので、これは先天運とは観方を変えなければだめなんです。

つまり、タロット、ルーン、易などが使えます。

そこで、先天運、正確には後天運も含むのですが、経営者の持っている運気、弱点などを知る必要があります。

なので、気学から説明する事になります。

« 東洋哲学的 | トップページ | まずは運期の調査から! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/4560790

この記事へのトラックバック一覧です: 経営運ってどうやってみますか?:

« 東洋哲学的 | トップページ | まずは運期の調査から! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31