無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 業績の波 | トップページ | キャッシュ・フロー »

2006年11月 8日 (水)

経営者の決断

経営判断、経営判断と繰り返し書いても、言葉だけではピンとはこないかも知れない。

そこで、事例をお出しするが、今回はポイントしか出せない。

財務関係のデータは、細部についてまで説明すると、元になっている会社の見当がついてしまう事と、様々な前提についてふれなければならず、焦点ぼけを起こしてしまうからだ。

そこで、貸借対照表と損益計算書の一部から…。

売上          100

売上原価        24

売上総利益       76

当期未処理損益  -36

この会社には、短期借入が30ある。

当期未処理損益  -36の原因については色々とあるが、そのひとつとして、

この会社は他社と比較して強味となるところがなく、年々シェアを落としてきている。

そのあたりの事情が、業績の上で影を落としている。

これだけでぼかしても、業種の見当はついてしまうと思うが、この程度なら まあ、しかたがないだろう。

経営判断のための前提条件として、

●売上が年々落ちているにもかかわらず、強味を見出せない。

●実は、面白い商品の開発企画がひとつあるのだが、開発費がかなりかかる。

●この新商品の開発計画に対しては、社内の重要な人物が猛反対している。 強行すれば、この会社から去ってゆくだろう。

●当然、重要なブレインも何人かは一緒に会社を辞めてゆくことになる。

●ただ、このままゆけば数年も経たずに会社経営が危険な状態になるだろう。

ポイントとしては、今回売掛金の一部について、その回収に成功した。

それと在庫処分を合わせれば40手元に入ってきている。

経営者の判断の前提となる材料は、一応これだけだ。

勿論、これから新しい展開とともに様々な情報がプラスされてはくるが…。

この経営者は、どう考えるのだろうか?

« 業績の波 | トップページ | キャッシュ・フロー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/4115768

この記事へのトラックバック一覧です: 経営者の決断:

« 業績の波 | トップページ | キャッシュ・フロー »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31