無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 二つの視点と二つの方法論 | トップページ | イベント企画はうまくゆくのか? »

2006年10月16日 (月)

仲良しクラブ

低点から経営をみる方法についてだが、手順は簡単である。

一番悪いと思われる部分から順にリスト・アップしてゆき、それらを比較して気づきを得るという、きわめてシンプルなものだ。

リストはせいぜい5~6個までにしたほうがよいという事と、この手法に向かない経営者のタイプとしては、物事を悲観的にみる傾向があったり、打たれ弱い経営者があげられる。

一見、この方法は最悪からカウントしてゆくために、経営課題を素早く抽出することが出来そうに見えるが、ところが実はこの手法は時間がかかるし、経営課題を発見することも、そのためのコンセンサスの一致を得るのも、なかなか難しい面がある。

自己主張が弱く、和を重んじる日本人の場合、意外と機能しづらい。

たとえば、「商品が売れない」 そこで経営会議を開いた。

売れない理由が続々と出てくる。 

在庫が多すぎて売りにくい(在庫過多)、営業努力が足りない、企画に問題がある等といった具合に、それぞれのセクションから他のセクションに対する非難の声があがってくる。

そんな時に必ずといっていいほど、中間を採ろうとする「訳知り顔の人物」が登場してくる事になる。

左と右が対立すれば、その中をとって真ん中で決着したがる人物がである。

「それぞれの立場があるのだろうけれども、言ってみればコインの表側から見ているのか、裏側から見ているのか、の違いじゃないのか?」

「結局、同じことを言っているだけだよ!」

これは、実に「あ・ぶ・な・い… 発言」である。

こういった経営感覚を持っている会社は、長生きできない!

たしかに、「表側」から見た発言もあるし、「裏側」から見た発言もあった。

だが、トゥワイライトミステリーから見ると、「表の反対側」と「裏の反対側」が必ずしもイコールではないケースもある。

よく似てはいるが、別々のコインだったりするのだ!

コインは1枚とは限らない。 2枚のコインがあったりもする。

それが、「仲良しクラブ」の(中小企業は、ほとんど同族会社で「仲良しクラブ」なのだが)メンバーの協調性というか和を保とうとする努力によって、2枚のよく似たコインが目の錯覚により1枚に見えてしまうのだ!

この違いを見分け、経営課題を抽出することが、この「低点からの視点を獲得する」というスキームの一番重要な「心臓部」なのである。

 

だから、リストを比較する場合には、出来るだけ丁寧に比較してみなければならない。

« 二つの視点と二つの方法論 | トップページ | イベント企画はうまくゆくのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/3829883

この記事へのトラックバック一覧です: 仲良しクラブ:

« 二つの視点と二つの方法論 | トップページ | イベント企画はうまくゆくのか? »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31