無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 栄光から地獄へ! | トップページ | THE MOON »

2006年10月13日 (金)

ノアの箱舟

企業にとって最も必要な情報とは、何なんだろうか?

やみくもに集めてもゴミ情報しか入手できない。

だから、情報を収集する前に考えておかなければならない大切な事柄がいくつかある。

その情報を収集することの「理由」と「目的」である。

どこから…、どんな風にして…という(方法論)のは、その先きの話しである。

市場が拡大している時期ならば、そこまで考える必要はない。

入ってくる仕事をきっちりこなしてゆけば、それがそのまま自然と収益に繋がってゆく。

ところが、一転して市場が飽和状態になってくると、競合の多さばかり目立って、収益は下り坂になる。

売り手ばかり多くて、買い手の数が相対的に減少してくるからである。

やがて価格破壊が始まる。

こうなってしまえば、過去の蓄積の大きな(体力のある)企業か、早めにこの事態を予測して何らかの手を打っておいた企業しか生き残れなくなる。

その他の対策の遅れた企業は、死ぬのを待つばかりになる。

自社が、もしこの状態に巻き込まれているならば、早急に脱出しなければならない。

そのためには「ノアの箱舟」を建造しなければならない。

「ノアの箱舟」には、細心の注意をもってセレクトした情報しか乗せてはいけない。

この「ノアの箱舟」の建造には、設計図と海図とが必要になる。

「ノアの箱舟」の心臓部である設計図とは、その企業の抱えている固有の経営課題の事である。

この経営課題の抽出に成功すれば、「ノアの箱舟」の80%は完成する。

ところが現実には一般論に振り回されて、その企業固有の経営課題の抽出に失敗して、倒産する例が多い。

そして、海図についてだが…。

« 栄光から地獄へ! | トップページ | THE MOON »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/3790566

この記事へのトラックバック一覧です: ノアの箱舟:

« 栄光から地獄へ! | トップページ | THE MOON »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31