無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 超能力と予知 | トップページ | コールド・リーディングのための準備 »

2006年9月30日 (土)

コールド・リーディング

トゥワイライトミステリーはコールド・リーダーになったことも無ければ、コールド・リーディングを使ったことも無い。これから先もコールド・リーディングを使うつもりも無い。 コールド・リーディングを使っている占い師も知らない。

理由は、いたって単純だ! そんなまわりくどいやり方をしなくても、本人に直接聞けばよいからだ。

最近、占い師の話術として、コールド・リーディングという話術に関する話題を見聞きする機会が増えた。

そこで占い師の話術についての誤解と偏見について考えてみたいと思う。

コールド・リーディングに出てくる占い師の仕事は

(1)話術を駆使して、様々な情報を聞き出す。

(2)その情報を、話術でさも占い師が当てたように見せかける。

ところが現実の占い師の作業工程は

(1)依頼者から事情の説明を受け、必要な資料を提出してもらう。

(2)その情報のポイントを抽出し、占ってみる。

だから、

(1)依頼者のすべき仕事: 事情の説明と資料の提供

(2)占い師の仕事: 占うこと     

これだけである。

この関係は催眠術とよく似ている。大衆の面前で催眠術にかかった若い女性が、次々に服を脱いでゆくのが、ショー催眠であり、治療のために地味な作業を重ねてゆくのが現実の催眠である。

占い師の前には、興味本位の客ではなく、現実に問題を抱えた人々がやって来る。だから、その困った問題を話してもらう必要がある。

その結果、カウンセラー型のタイプの占い師が必要なのか、トゥワイライトミステリーのような経営方面専門の占い師が必要なのかが振り分けられる事になる。 

ここでは高度な信頼関係がなければ、作業は先に進められない。だから疑うなら鑑定依頼をする事自体、止めた方がよい。

この考え方は何も特殊なものではない。 もともと、易でも筮前の審事と言って占う前のヒアリングの重要性が言われていた(江戸時代の易聖、真勢中州)。

タロット占者の井上教子氏も、その著書である「タロット解釈実践辞典」の中で、質問者の質問が何なのか当てようとするなど、シャーマンの真似をしてもパフォーマンスの域を出ないと注意されている。

ところが、コールド・リーディングで読んで、占い師の腕試しに来るとすると本末転倒である。

経営問題を抱えているにもかかわらず、質問に答えようともせずに、どうだ! 当ててみろ! という態度になるが、くどいが問題を抱えているのは経営者であり、トゥワイライトミステリーではない。

ネゴシエーションの世界で「最大のブラフは、ブラフをかけない事」と言われている。 トゥワイライトミステリーもブラフはかけない。だから、そのままお引き取り願うことになる。

その経営者が、自分で考えればよいことであり、トゥワイライトミステリーが観る事でもない。 勿論、疑心暗鬼になって力量を知ろうとする方が存在することもわかる。

ただ、それならば、尚更トゥワイライトミステリーの観る事ではなく、早く精神科に行ったほうがいい。  トゥワイライトミステリーのところまできてだんまりを決め込まれても、その経営者の抱えている問題は依然として未解決のままだろうに!

企業だから、何年間か羽振りの良い時期があることも多いが、会社の10年後生存率が5%という数字をあまり、甘く見すぎてはいけない。

結論として、占い師の方から依頼者に媚びて、まわりくどい話術を使ってまで、無理に信用を得ようとする必要性は全くないという事だ。

だから、そんな話術の訓練をする時間があるならば、本来のすべき事、つまり占術の研究をすべきである。

だいたい、この話術は若い女性が、彼の浮気を探ろうとする時の話術にそっくりではないか!

ところで、コールド・リーディング(占い師の話術)が使い物にならないと言っているわけではない。

トゥワイライトミステリーから見れば占い師にはあまり役に立つものだとは思えないと言っているだけだ! 

だから、他の業種の方でコールド・リーディングに、何らかの可能性を感じられたとしたならば、使いこなせるようにしたほうがよいと思う。

この使い方に一工夫があれば、結構使えるかも知れない。

そこで、このコールド・リーディング(占い師の話術)の活用法と注意点について考えてみよう!

« 超能力と予知 | トップページ | コールド・リーディングのための準備 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/3640979

この記事へのトラックバック一覧です: コールド・リーディング:

« 超能力と予知 | トップページ | コールド・リーディングのための準備 »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31