無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« サターンリターン | トップページ | タロットって、どうやって読むんですか?!! »

2006年8月 3日 (木)

経営計画 経営指標

占術師トゥワイライトミステリーは、経営指標、経営分析、財務分析等を得意なジャンルとしている財務系コンサルタントとは、あまり相性がよくない。彼等と話していると話しの方向性がすぐに経営指標の効能書きに向かってしまうためである。

はっきり言って、彼等は経営音痴である。たとえば売上げ推移等に関しても現在と未来はほぼ同じだという無意識の仮定を置いてしまっている。細かいことを言うなら、在庫等でも、この数字なら在庫の持ち過ぎであるから、これらをこれくらいの数字にまで落とさなければいけない。だからこの数字を経営目標として、こんな経営計画を策定しましょう…となる。つまり、実務に関しては天然ぼけを起こしてしまっている。

在庫が増えるパターンは、基本的に(粉飾でもないならば)3種類である。

(1) 売れ筋と死に筋を読み違えてしまっている。 その結果、死に筋の在庫が資金繰りを圧迫し、売れ筋を仕入れにくくさせてしまっている。

(2) 売れ筋の死に筋化現象! … 昨日までの売れ筋が突然死に筋化し始める。つまり、消費者の購買構造が変化したためである。

(3) イベントの失敗(販売促進活動の失敗) … これについては機会があれば触れておこう。

これらの構造を解消させなければ、結果的に死に筋を安値で処分して、その資金で再度死に筋を仕入れることになり、在庫は増加する。そして折角立案した経営計画は絵に描いた餅となる。 

研究熱心な経営者の方々で、経営計画、経営指標等を研究したいならば、数字=現場という視点は絶対にはずしてはならない。

« サターンリターン | トップページ | タロットって、どうやって読むんですか?!! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/2920436

この記事へのトラックバック一覧です: 経営計画 経営指標:

« サターンリターン | トップページ | タロットって、どうやって読むんですか?!! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31