無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 天国への階段 | トップページ | 風が変わった! »

2006年7月 4日 (火)

多次元宇宙

サラリーマンから起業家になったときに知っておかなければならない大切な事がひとつある。当たり前の事だが、大企業と中小企業とは別物だということだ。受注先がまだ少ないために営業をかけようとする時、退職前の会社の話題ばかり話してはいけない。「タブーである!」 心得としてよく目にすることではあるが、前職が大企業でポジションも高かった場合、話したくなるのは人情でもある。相手方にメリットが無い以上、迷惑がられるだけだが…。

この手の話しの裏には、この起業家が中小企業というものをよく理解していないという事情もある。中小企業は暗黒大陸である。正しい情報はほとんど採れない。それにもかかわらずわかっているつもりになる。これは幻想である。製造原価の数字の根拠も本当のところはよくわからない。在庫についても、在庫なんだか産業廃棄物なんだかよくわからないことも多々ある。固定資産も時価を正確に反映してはいない…。 すべてがまるで砂漠の蜃気楼のようである。 とは言っても中小企業の全企業に占める割合は99・85%、全就労人口の70%以上の巨大大陸である。

量子力学でいうパラレル・ワールドにも似ていて、大企業とは世界の異なるアナザー・ワールドである。景気の見通しですらマス・メディアの流す公開情報とは質が異なる。そんな中で受注先を確保するために営業をかける以上、マス・メディアから流れてくる情報に惑わされてはいけない。自分でよく考えることと、直感で事象を見分ける感覚を養う必要がある。

« 天国への階段 | トップページ | 風が変わった! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/2500774

この記事へのトラックバック一覧です: 多次元宇宙:

« 天国への階段 | トップページ | 風が変わった! »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31