無料ブログはココログ

ランキングサイト

blogpeople

お勧め!

  • ファッション
  • カリフォルニア・ワインをさがしましょう!

リンク集

« 数秘術 | トップページ | TBS »

2006年7月10日 (月)

最初から組み込まれた失敗

企業の倒産原因で大きな比重を占めるものは

 ・債務過剰

 ・在庫過剰

 ・1社しかない取引先

 ・変化する経営環境に対する対応の遅れ

 ・連鎖倒産 等

が挙げられるが、今まで経営を続けてきた企業の場合は、ある程度予測もつき、改善策の出しやすいことが多い。ところが新会社法で新たに株式会社を設立しようとする場合は、これらの原因が見えているようでいて、見ていない事がある。つまり、「最初から組み込まれた失敗」のパターンである。だから次の項目をチェックして除去しておく必要がある。

 ・資本金が1円の場合、どうやって増資してゆくかの道筋

 ・もし、1社しか取引先が無い状態なら、どう改善してゆくか

 ・ビジネスの拡大を狙うあまり、在庫を持ちすぎていないか

 ・他からの資本を集めた場合、出資金なのか借入金なのか契約上明確にしてあるか

 ・安易に取締役を1名と株主総会という機関構成を採っていないか

 ・よく検討もせずに、取締役(監査役)の任期を定款による伸長規定を設置して、10年まで伸長できるようにしていないか 

等を検討して「最初から組み込まれた失敗」から脱出しておく必要がある。トラブルが起こってからでは対応できない。

« 数秘術 | トップページ | TBS »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112578/2586727

この記事へのトラックバック一覧です: 最初から組み込まれた失敗:

« 数秘術 | トップページ | TBS »

最近のトラックバック

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31